総合病院でなかったら、妻と次男は…。無事生まれました

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

第二子が生まれました。元気な男の子です。

妻のハイリスク妊娠については、これまで何度がお知らせしたとおりです。何とか無事に出産までこぎつけました。

昨日のクリスマスイブに、妻と次男が二人そろって退院することができました。夜は家族4人でクリスマスディナーを食べました。とはいっても簡単な手巻き寿司ですが。

実は、お産の途中でトラブルが発生して、緊急カイザー(緊急帝王切開)による出産となりました。

常位胎盤早期剥離」といって、生まれる前に胎盤がはがれてきてしまったのです。お産のトラブルでは、最高上位のリスクに設定されていて、赤ちゃんに酸素が行かなくなり、ママは大量出血&止血が効かない危険があるため、母子両方とも命の危険に晒されました。

今回は総合病院で出産したため、かつ昼間だったということで、産科・小児科のマンパワー全開で、滞りなく手術は終了しました。妻の記憶によれば、20人くらいのスタッフが手術室に居たとのこと。

時間とマンパワーが勝負の手術なので、もしこれが、個人病院から救急車での搬送だったり、総合病院でも夜間だと、今回のようには行かなかったということでした。

先生方や看護師、助産師さんたちから、会うたびに「本当によかったね、ラッキーだったね」と言われ続けたので、後から恐怖が襲ってきました。今回は本当にヤバかったと。

あまりに緊急だったので、先生から色々な説明を受けながら、10枚以上の書類に記入と押印をして、「パパは手術用のショーツを買ってきて!」と看護師に急かされて、急いで売店で買って戻ってきたら、部屋にはもう妻は居ませんでした。ベッドもありませんでした。

看護師さんに聞いたら、もう手術室に向かったとのこと。「お弁当を買いにホームに降りたら、新幹線はもう出発していた」みたいな…。そんな空虚な気分になりました。

最後に声をかけることができなかったので、「もしこのまま…」という思いで一杯になってしまって、ぼーと、外の景色を見ていました。

すると、30分後くらいに、まず次男が運ばれてきて、ちょっとだけ抱っこしました。第一印象は「お兄ちゃん(とも吉)そっくり^^」

全身麻酔だったため、手術後の妻は、かなり苦しそうでした。次男は、感染症の疑いで、しばらくNICUに入りました。

予後は順調で、妻も次男も、予定日より一日早く退院することができました。

振り返ってみると、とにかくこの半年は長かったなと。

ただひたすら心配し続けた日々でした。

最後の最後で緊急手術とは、まさか、このようなクライマックスが待っていようとは、思いもしなかったです。この子(次男)は、なにか持ってるなと、思わずには居られません。

本人は、今回の騒動をあまり気にしていないみたいで、いつも気持ちよさそうに寝ています。目が開いた顔を拝めたのは、4日目だったかな?さっそく大物感が漂っています。

手術の終わりを待っている間、病院の窓から見えた南アルプスの山々と、富士山がとても綺麗でした。

どんなに低くても、とんがれば「山」となれます。山ならば地図に名前を刻むことができます。

二人の息子には、そんなことを伝えていきたいなと思いました。まあ、好きに生きてくれればよいのですが。

妻と次男に感謝します。
生まれてきてくれて、本当にありがとう。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. 白石俊之 より:

    ご出産おめでとうございました。

    よかったですね(*^_^*)

  2. mogu より:

    おめでとうございます!

    でも出産途中でトラブルなんてすごく怖いですね

    無事に産まれてよかったですね(^^)

  3. サハラ より:

    ご次男のご誕生おめでとうございます!!!
    そして半年間のドキドキ生活お疲れ様でした。
    1日早く退院できてよかったですね。
    かん吉さんが用意されたであろう手巻き寿司がとてもおいしそうです。
    オウチがいちばん♪ 奥様も次男くんもそう思っているんじゃないでしょうか ^^

    日常に起こるさまざまなことは決して当たり前のことではなく、
    奇跡のようなデキゴトなんですね。
    普通に過ごせる毎日のありがたさと共に、しみじみ感じています。
    よいお年をお過ごしください~♪♪♪

  4. 匿名 より:

    おめでとうございますっ

  5. VALID SEO より:

    おおお!おめでとうございます。色々あっただけに感慨一入ですねー!

    ご家族のご健康お祈り申し上げます。

  6. take1 より:

    そんな大変なお産だったんですね。
    人生の最初がそれだけの試練を乗り越えたのだから
    きっとこの後は何でもへっちゃらですね。
    次男さんの人生に幸あらんことを。

    無事の誕生、本当におめでとうございます。

  7. にゃんこ より:

    おめでとうございます♪
    奥さんも次男さんも無事で何よりです。

    4人で素敵なクリスマスを迎えられてよかったですね(^^)

    私はこれからです・・・・3回目の帝王切開、ドキドキです。

  8. ドキターKAZ より:

    おめでとうございます。
    私は二人目はちょっと違った感慨だったことを思い出します。
    子供たちが会話を交わす頃のことを考えると楽しくなりました。
    仕事も頑張る気になりますよね♪

  9. まろぱぱ より:

    とにかく母子ともに元気で良かったね~
    本当におめでとう!
    良い病院で良かったね
    またいつか子供同士で遊ばせましょう。
    賑やかになりそうだ♪

  10. ファンになりましたー より:

    Yahooであがってた記事(休日くらいは・・・)の流れで読ませていただきました。

    最後の

    -妻と次男に感謝します。

    に激しく感動して、ついついコメントしてしまいました。
    かん吉さん、本当にステキな方なのですね。

    おめでとうございます!
    これからも、大変でしょうけど、
    愛するご家族と仲良くお過ごしくださいね。

  11. いもたこなんきん より:

    「休日くらいは…」の記事を読んで納得したついでにこちらの記事も読みました。
    お母さんも赤ちゃんも無事でよかったですね。そんな状態で生まれてきた弟君はたくましくなるでしょうね。(うちの次男も同じ様な状態で生まれて1歳後半ですが、けんかしても兄に負けてません)
    お兄ちゃんが不安定になることもあるかもしれませんが、身体に気をつけてお過ごしください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です