あなたのツイッターのフォロアーが増えない理由

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Tsunami! 1/2
Tsunami! 1/2 / Garuna bor-bor

私がツイッターのアカウントを取得したのは、2007年6月。しばらくほったらかしにした後、2010年春から本格的にツイッターを開始しました。

きっかけは、今年の津波騒ぎ(チリ地震)です。

私は静岡県内の海の近くでランチしていて、海岸を見たら、異常なほどに潮が引いていたので、その様子を写ツしたところ、ものすごい勢いでリツイートされて、「早く逃げてー!」「これはすごい!!」など多くのツイートをいただきました。

ツイートの伝播の勢いは、まさに津波のようでした。ツイッターの力をまざまざと見せつけられて、それから積極的にツイッターを積極的に利用するようになりました。現在は、初心者レベルは脱却して、中級者くらいにはなれたのではないかと思います。

今であれば、初心者の気持ちも良くわかります。ツイッターを上手く使いこなすコツのようなものを、私なりにまとめてみたいと思います。


2010 – February – NodeXL – ssm2010 Twitter Network Sized by followers / Marc_Smith

スポンサーリンク

手っ取り早くフォロアーを増やす方法

巷でよく行われている方法が、「ツールで特定のキーワードをつぶやいている人をピックアップ ⇒ 無差別フォロー ⇒ リフォローされなかったらアンフォロー ⇒ ツールでピックアップ ⇒ 無差別フォロー・・・」を繰り返す方法です。ツールはGoogleで探せばいくらでも落ちてます。

フォローすれば、ある一定の確率でリフォローしてくれるので、機械的に作業を行っていれば、1,000フォロアーくらいならすぐにゲットできるでしょう。

絶対に真似しないでください。

この方法だと、同じように「フォロアーを集めたいだけの人」しか集まりません。

フォロアーが1,000人以上いて、つぶやきが数十件とかどうみても不自然ですよね。有名人でないと無理ですよ。

フォロアーを見かけだけ増やしたアカウントは、ある程度ツイッターを使いこなしている人にはすぐにバレてしまい、相手にされないでしょう。


横断禁止 / sekido

ツイッターの肝は「リツイート(RT)」

ツイッターで何をつぶやけばよいか?それは、ずばり「読み手に役立つ情報」です。

ぶっちゃけ言ってしまうと、あなたの「おはよう」「お腹すいたー」とかのツイートは、他の人にとってはぶっちゃけどうでも良い情報なんですよねw とはいっても、毎日気の利いたつぶやきを続けるのは難しいのも事実です。

そこでお勧めなのが、「見かけた面白い情報を、リツイートすること」です。

ネット上で見つけた面白いブログ記事やニュース、他の人の面白いつぶやきをリツイート(RT)するのです。面白いと思ったものを紹介するだけなら、難しいことはないですよね。簡単なコメントをつけてあげると、さらに良いと思います。

あなたが選んだ他ソースのネタということだけで、読まれやすくなります。ネタ元の管理人も、リツイートされて、自分が発信した情報が広がっていくことは、嬉しく感じます。

リツイートとは、「この話、面白いよ」つまり「クチコミ」なのです。情報元から直接勧められるより、第三者から「あそこは面白いよ」と薦められたほうが信用があります。だから、リツイートされると、ネタ元も嬉しいのです

実は、記事を「おもしろかった」といったつぶやきをつけてリツイートすると、ネタ元にも伝わる(Topsyツイッターの公式ブログパーツ)ので、ネタ元はその記事をリツイートしてくれることが多いです。なぜなら、自分で自分の記事を「おもしろいですよ」とは言えないので、他の人の声をリツイートすることで、アピールできるからです。リツイートこそ、ツイッターの肝なのです。

自分のつぶやきがどんどん拡散していき、その過程で、自分に興味を持ってくれて、フォローしてくれることもあります。この繰り返しによって、自分のツイートの影響力を広げていくことができるのです。

Great Sand Sea - Desert

フォロアーを無理やり増やしても意味がない

フォロアーをたくさん集めたところで、つぶやきに誰も反応してくれなければ、砂漠に水をまくようなものです。

繰り返しになりますが、ツイッターの本質は、「いかにリツイートされるか」です。自分のつぶやきやブログ記事がリツイートされて、「第三者のお墨付き」が得られてることで、ツイートが広く伝播していけます。

日ごろから交流しているフォロアーがどれだけいるかが重要なのです。極論を言うと、自分のフォロアーの数より、ツイッターで濃く交流している人達が持っているフォロアーの総数の方が大切です。

何万とフォロアーを持っている方がいますが、私は有名人以外は基本スルーです。第一に不自然だし、そんなにたくさんフォロアーがいる方に対してつぶやいても、他のつぶやきに埋もれてしまって、相手にされないと思うからです。

周囲とじっくり交流していくことで、フォロアー数がナチュラルに増えて、機能するネットワークを築けるのです。地道に増えたフォロアー500人は、無差別フォロー1万人よりも強いです。

フォロアーが増えないからといって、功を焦ってはいけません。そう簡単にフォロアーは増えないですよ。数年かけるつもりで、じっくりやりましょう。


Twitter New Item / amadeusrecord

プロフィールをキッチリ書く

私は、必ずプロフィールを読みます。いくらつぶやきが面白くても、プロフィールがない人をフォローすることはありません。もっと言うと、ブログのURLが紹介されていない場合もフォローすることは、有名人以外はほとんどありません。

なぜかというと、ツイッターのつぶやきだけだと、文章が短すぎて、どんな人なのか判別できないからです。ブログであれば、記事をざっと読めば、どんな人かはおおよそ察しがつきます。

もしブログを運営しているのであれば、プロフィール欄にブログのURLを記入したほうが良いと思います。


Bike’n Trikes @ O’Connell Street in Dublin, Ireland, our love, weekend – 28/03/2010 – enjoy the evolution on wheels with fun and grace! Magic in the heart of the irish capital!:) / UggBoy?UggGirl [ PHOTO : WORLD : SENSE ]

ブログとの相乗効果

さらに有効なのが、ブログからツイッターへの誘導です。ブログが面白ければ、ツイッターもフォローしてくれることが多いようです。

私もこの数ヶ月で600人ほどフォロアーが増えました。その多くは、ブログで「はてブトルネード」が発生して、ブログに爆発的なアクセスがあったときにフォローしてもらった方々です。

ブログ上でも、ツイッターアカウントを、強くアピールすることをお勧めします。お勧めは、当ブログでも利用させてもらっている、twitterFollowBadgeというブログパーツです。広く使われていて、目立つのでお勧めです。

また、ブログの更新履歴をツイッターで流すことも効果的です。ツイッターでブログ更新を知りたいニーズは確実にあります。面白い記事がリツイートを繰り返されて、バイラルループで爆発的に伝播する様子は圧巻ですよ!

ブログとツイッターを両輪として、コロコロ転がしていく方法(©netaful)が、現時点で、もっともエキサイティングなブログ・マーケティング手法だと思います。

Klout値を意識する

GoogleのPagerankと同じように、ツイッター上での影響力を表す値があります。Klout Scoreです。

Klout Scoreとは、Twitter上の影響力を数値化するものです。基本ロジックは「Twitter上の影響力を数値化するKlout Scoreの全容を解明してみた」に詳しく掲載されています。

相手のツイッター上での影響力を調べるには、フォロアー数ではなくて、Klout Scoreを調べた方が確実です。自分のツイッター上での活動も、このKlout Scoreを上げる方向に努力したほうが良いと思います。

ちなみに、Klout Scoreは有名なツイッターのウェブクライアントであるHootsuiteなら、アカウント名をクリックすると見ることができます。The Standard for Online and Internet Influence | Klouでも調べられます。

ちなみに私のツイッターアカウントは、Klout Score=50~52あたりをふらふらしてます。ご自分のKlout Scoreは調べておくと良いとよいでしょう。 

私は、Klout Score=60を目指して頑張ります!

今日のわかった

ソーシャル時代が一気にやってきそうな気がしています。

Googleも恐怖する、ソーシャルメディアの足音が聞こえてきた

頑張るなら今しかない!

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です