炭火でじっくり焼いたような焼き魚を、自宅で簡単に食べる方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

10年ぶりに、オーブンレンジを買い換えました。性能がメチャクチャ向上していることにびっくり!

快適ですよー。もっと早く買えばよかった。

スポンサーリンク

グリル機能がある

オーブンとグリルって、何が違うの?と思って調べてみました。オーブンはヒーターを調節して庫内の温度を一定に保つのに対して、グリルはMAXパワーでヒーターを加熱して、焼く感じで調理できます。

半信半疑でさんまを焼いてみたのですが、これがメチャクチャ美味しかったのです。写真の見た目は?かもしれませんが、身をほぐしてびっくり!

ガスレンジのグリルは直火なので、焼き過ぎて身はパサパサ。ガスに水分が含まれているため、皮はベタベタしてしまいます。

オーブンレンジのグリルは、ヒーターで焼くため、炭火焼と同じように赤外線・遠赤外線でじっくり焼けます。皮はパリパリで、身はホクホク&ジューシーです。

ガスレンジのグリルと比べて、後片付けが断然楽です。クッキングペーパーを敷いておけば、汚れが付きません。

パワーが強い

以前のレンジは600Wでしたが、新型は1,000Wです。あっという間に加熱できます。時間の節約になります。

テーブルが回らない

これまで使っていたオーブンレンジは、電子レンジでチンするときに、丸いテーブルが回転していました。

丸いテーブルからはみ出してしまうと、テーブルが回らない。デッドスペースができてしまうのです。

新型オーブンレンジは、テーブルを回転しなくても、均一に温まるのです。おそらく、マイクロ波の方を動かしているのだと思います。庫内の四隅までキッチリ入れることが可能です。

庫内サイズが大きい

ホームベーカリーで作ったパン生地で、妻がパンを焼いてくれました。これがなかなかの出来栄え。

以前利用していたオーブンレンジより、一回り大きいため、大きなパンが焼けるのです。鉄板を二段セットできるので、クッキーなどを一度に大量に焼くことも可能です。

我が家が買ったSANYOのEEMO-FL30Cオーブンレンジは、話題のスチームオーブン&グリル機能付きで、近所のケーズデンキで二万円前後の値段で購入しました。

今日のわかった

ちょっと古い機種らしいのですが、コストパフォーマンスは絶大です。電子レンジが壊れてしまって、よく考えずに購入したわりには、良い買い物ができました。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です