はいはいの練習

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「きゃっきゃっきゃっ!」

いつのまにか、両腕と片足を器用に使って、「ずりばい」で自在に移動するようになりました。

うれしい反面、ますます目が離せなくなってきてしまいました。


夏は終わりですが、親の都合で水着を着せてみましたw

始めはぎこちなかったずりばいが、10日くらいですっかり板についてきました。7ヶ月半くらいからですかね。

早い子は6ヶ月くらいからはいはいを始めているらしく、「ウチの子は成長が遅いのではないか?」と、親としてはどうしても心配になってしまったりして……。

実は、首のすわりの時と同じように、はいはいの練習をさせていたのです。

効果のほどはさておき、練習方法をメモしておきます。

スポンサーリンク

はいはいの練習

・両足を持つ

お尻のほうに足をぐっと曲げた状態で、両足を持ってあげると、足を伸ばそうとするときに体が前に移動します。

 

腕を利用することを覚えると、ずりばいになります。腕が使えないうちは、寝返りをします。

・両手立ちさせる

脇の下に手をいれて、上から持ち上げてあげると、両手で上体を起こす形になります。胸を床から離した状態です。

目線が上がって、ご機嫌です。

手を離しても、しばらくは両手で上体を支えて踏ん張ります。腕を使う感覚が養われるみたいです。

今日のわかった

ずりばいの次は、本当の『はいはい』に。
ひざが立ってくるみたいです。両手立ちさせる練習をさせてみよう。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です