赤ちゃんの沐浴

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

赤ちゃん(新生児)の沐浴は楽しいです♪

今では私も手馴れたものになりましたが、最初は暴れる赤ちゃんにテンパってしまい、頭からお湯に落としてしまったこともorz

そんな失敗を乗り越えて、確立した我が家の効率的な沐浴方法を紹介します。

●準備

我が家ではベビーバスを、台所の流しのシンクに入れて利用しています。お湯の温度は、40℃前後。温度計できちんと測定します。

 

お湯の量は、赤ちゃんを入れて、足が立つくらい。足が付かないと、赤ちゃんがパニックになります。

石鹸は、既に泡立っているタイプのものが便利です。

ベッド上で肌着とオムツを脱がせ、左手で両耳をふさいで体勢を整えます。耳にお湯が入らないようにするためです。

準備が整ったら、ベビーバスへGO!

●顔を拭く

あらかじめ桶に汲んでおいたお湯で、右目、左目、ほっぺ、口元を個別に拭いていきます。一箇所吹き終わる度に、ガーゼを桶でゆすぎます。

1234965063

●頭

頭にガーゼでお湯をたっぷりかけてから、石鹸をつけて手のひらで優しく洗います。赤ちゃんの頭はまだ柔らかいですからね~。終わったら、ガーゼを利用してお湯をかけてすすぎます。後頭部は後で洗います。

 

●上半身

石鹸をつけて、爪を立てないように、指で優しく擦っていきます。

首周りや、脇の下などは湿疹、あせもが出やすいので念入りに洗います。

おへそ周りまで、洗っておきます。

●背中

脇のしたに指を入れて、赤ちゃんをひっくり返して、手のひらの上に乗っけてうつ伏せにします。

後頭部と首周り、背中と石鹸をつけて洗います。

 

赤ちゃんをちょっと持ち上げて、お尻やおちんちん、ももやすね、足まで洗ってしまいます。

 

●再び仰向けに

石鹸は濯がずに、両耳をふさぎながら、上体を元に戻します。こうすれば勝手に背面はすすぎができます。うつぶせ状態は赤ちゃんも多少苦しいので、短時間で仕上げます。

1234965586

ここまでくれば、あとはゆっくり♪

必要に応じて、洗い足りなかったところを洗ってあげます。特におちんちん付近は念入りに♪

1234965638

温かいお湯にしばらくつかると、赤ちゃんもご機嫌です。

●お湯から出す

お湯から上げたら、用意していたバスタオルで包んで、そのままベッドへ。

ベッドの上で体全体を拭いてあげます。

●暴れる赤ちゃん対処法

お風呂は赤ちゃんも気持ち良いみたいで、その前までギャン泣きしていても、ご機嫌のことが多いです。しかし、たまに暴れることがあります。

そんなときは、絶対に手を離して落とさないようにw

危ないと思ったら、お湯から出してしまうのも手だと思います。

赤ちゃんの耳元で話しかけてあげると、安心しておとなしくなることが多いです。

今日のわかった

お風呂で寝入っている赤ちゃんは、可愛い…♪

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です