ベビーベッドに布団セッティング

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

息子が退院してきて、さあ寝かせようと思ったら、赤ちゃんの寝具のセット方法が意外と分からない。

事前に購入してあった布団セット。どのようにセッティングすれば良いの??

調べたり、試したりして「わかった!」ことをまとめた。

スポンサーリンク

ベビーベッドのセッティング方法

一番下には、折りたたみ式の厚手マットを敷く。

その上に防水シート。吐いたミルクや、おしっこなどがマットにしみこんでしまうとマズイため。

それらを、「敷フィットシーツ」でくるんだ。

このままだと、ちょっと寒そうだったため、さらにこの上に、汗取りマットやタオルをひいた。
その上に赤ちゃんを寝かせるようにした。

これなら、汚れてもマットやタオルだけ交換すれば良いから便利。

敷きフィットシーツの上に寝かせると、敷きフィットシーツがすぐに汚れてしまい、交換がかなり面倒。

床に寝かせては×

「床に座布団をひいて、その上に寝かせておけばいいよ」という意見もあるけど、新生児には良くないと思う。

大人が感じる以上に、床は寒い。暖気は上昇し、冷気は床に溜まるからだ。
床付近は、埃も舞いやすい。

風邪をひけといわんばかりの、劣悪環境だ。

理由がない限りは、ちゃんとベッドに寝かせてあげたほうが良いと思った。

今日のわかった

前知識も必要だけど、自分の目で赤ちゃんを良く観察することが大事かも。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です