雑記ブログより「個人ブログ」を目指しません?

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの形態は、大きく分けて2つあると考えています。

  • テーマを絞った「テーマ特化ブログ」
  • テーマを絞らない「雑記ブログ」

実際には、お互いを程よくミックスしています。

なんとなくこの「雑記ブログ」というネーミングに違和感がありました。「雑記」と書くと、大雑把とか、雑な運営とか、マイナスなイメージがあるからです。

そこで提案なのですが、これからは「雑記ブログ」ではなく「個人ブログ」を目指しませんか?

スポンサーリンク

日記ブログは本当につまらないのか?

個人ブログと書けば、個人的なブログということになります。

エッセイや日記的な文章、お気に入りの商品レビューなどを、ブロガー個人を軸としてポストできます。

よく「個人の日記なんて読まれない」と言われていましたが、どうでしょう? 個人の日記的なブログでも、面白いブログは多いです。

むしろ、ノウハウやレビュー記事ばかりのブログよりも、個人の日記的なブログの方が面白かったりします。

個性は、誰にでも備わっている「差別化」の武器

「正しい情報をしっかり伝える」 は、確かに大切なことです。

しかし、正しい情報というのは、簡単にコピーできてしまいます。よって、他のブログと同じような記事がずらりと並んでしまい、コモディティ化(一般化、似たり寄ったり)してしまうのです。

ブログに単に情報だけポストしていると、同じようなブログの一つになってしまいます。

そこで、差別化するために自分自身を、全面に押し出していくことが有効です。似たような人間は一人としていません。我々は一人ひとり個性があります。

個性を利用して、ブログを差別化していくのです。それが「個人ブログ」です。

人は「自分と似た人」を探す

私の妻は、クックパッドで似たような好みを持つ人を探して、メニューを追いかけるそうです。ブログも似たようなライフタイルや趣味を持つブログを読むとか。

特に女性は、自分と似た人のコンテンツを追いかけます。

個人ブログでは、日常を綴る日記のような記事をポストすることで、ブロガーの人なりや価値観、ライフスタイルを伝えられます。

同じ商品のレビュー記事でも、自分と似た人のブログ記事と、そうでないブログの記事とでは、信頼性は大きく変わってくるでしょう。

さあ「個人ブログ」を始めよう

テーマ特化ブログでないブログを目指すのであれば、雑記ブログではなく「個人ブログ」を目指すべきです。

単に呼び名の違いだけかもしれませんが、大きな差があると思います。

なんでもポストできる「雑記ブログ」に対して、自分自身を軸に、自分が興味を持ったり、面白いと感じたネタだけをポストする「個人ブログ」の方が、読む側にとってもわかりやすいです。

お笑い芸人さんのネタも、ほとんどが日常の生活の中の出来事です。我々の日常にも、面白いことはたくさんあります。

それらを、我々のフィルターを通して、独自の解釈や思考を付け加えて、ブログ記事としてポストしていく。

それだけで、十分面白いブログになるのではないか、と思うのは私だけでしょうか?

今日のわかった

「日記ブログなんて読まれない」という先入観がブログの常識として蔓延してしまい、個性のない同じようなブログが乱立してしまっている様な感があり、このような記事をポストさせていただきました。

ブログに正解はありません。

強いものが勝つのではない。勝ったものが強いのです。

ブログはもっと自由であって欲しいです。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です