本当は教えたくなかった。静岡の地酒と美味い魚を楽しむなら焼津の「野田屋」

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_1994

地酒を頂くときは、私のホーム酒である、静岡藤枝の「喜久酔」と比較して味わいます。

同じように、どこの居酒屋に飲みにいく時も比較してしまう、私のホーム居酒屋があります。

焼津 野田屋酒店

このお店を知ってから8年。当ブログで紹介するのは初めてです。

最寄りの駅から遠く、常連さんが多い静かなお店。ゆっくり飲めるお店です。あまり混まれると店の雰囲気が変わってしまうのも困ります。

でも、良い店は多くの人に知ってもらいたいと思い、ご紹介します。


この日は、静岡の有名グルメブログ「ジャニごり日記@静岡B級グルメ」の管理人、ジャニゴリさんとブログ談義などをするために、野田屋へ。西焼津駅に集合してタクシーで10分強。

DSC_1977

お店は野田酒店の裏。特に看板はないので、初めての方は入りづらいかも。

店長の野田さんは、見た目はちょっと怖い感じです。でも、話せば優しい焼津っ子。

DSC_1978

まずは、駆けつけでプレミアムモルツの生で一杯。

DSC_1979

お通しは新鮮な野菜がメイン。日替わりです。

DSC_1980

お刺身の盛り合わせが登場。マグロのトロが絶品。野田さんも「トロの身を切っていて良いマグロだとわかるわ」と太鼓判をおす一品。

DSC_1981

DSC_1982

カツオも脂が乗っていて、マグロのトロに匹敵する舌触り。この日は当たりでした。ヒラメとイカもプリプリ。

DSC_1984

行者ニンニクのしょうゆ漬けを、カツオと一緒に食べるとお勧めということで試してみた。いい感じ。

DSC_1985

北海道から取り寄せたという実物も見せてもらいました。ふむふむ。

DSC_1987

いつもオーダーするネギマ。野田屋では、焼き物は遠赤外線のヒーターで焼くので、脂も程よく落ちつつ、中までじっくり火が通ります。

DSC_1991

手作りさつま揚げ。この日は桜えびが入ってました。ラッキー。

DSC_1996

ジャニゴリさんがオーダーしたカサゴの唐揚げ。頭から骨まですべて食べられます。熱々でした。

DSC_1998

お腹も大分膨れたところで、ビールからお酒にチェンジ。野田屋さんは酒屋さんなので、お酒が安く飲めます。私はいつもの初亀の純米吟醸から入って、喜久酔の特別純米へ。

DSC_2000

「最近は肉料理の希望が多い。ここは焼津だから本当は魚が美味しいんだけどねー」といいつつ、出してくれたのがつくね。野田屋さんが出すメニューは、店長さんが厳選した素材を使っているので、どれも素晴らしいお味。

ジャニゴリさんもかなり飲んでいらっしゃってました。楽しそうに食べて飲んでくれていたので、一安心。明るいうちからガッツリ3時間、ブログ談義などに花を咲かせながら飲みました。

野田屋さんには、定期的に通っています。これからもご紹介していきたいと思います。


大きな地図で見る

ジャニゴリさんも記事を書いてくれてました!

野田屋( 焼津市 ) ~静岡の地酒が楽しめる居酒屋~

今日のわかった

野田屋さんのお店は、駅から離れているため、かなり気合いを入れないとたどり着けません。プレミア感の高いお店です。

機会があればぜひ

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です