コツコツやればよい? ただ漠然と続けても成功できません

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_5679

「毎日コツコツ続ければ成功できる」そんな言葉を聞いたことはありませんか?

確かに日々の継続は大切です。そして、ただ漠然と続けるだけでは、なにもしていないのと同じです。

スポンサーリンク

チャレンジなくして成長はない

ただ毎日同じようなこと繰り返しても、昨日の自分と今日の自分は同じ状態のままです。同じ状態でいても、進歩はありません。同じ場所をグルグル回るだけです。

次のステージに上がるには、チャレンジが必要です。

毎日プールで100m泳いでも、1000mを泳げるようにはなりません。毎日5km走り続けていても、42.195kmを同じスピードでは走りきれません。毎日ブログを漠然と更新しても、誰も読んでくれません。

毎日同じことを繰り返すのは、何も考えないでよいので、楽なのです。コンフォートゾーンに居るだけではダメなのです。楽なことを続けても、成長はできません。

上を目指すには、さらに上のレベルへのチャレンジが必要なのです。

仮説と検証

上を目指すために必要な考え方は「仮説と検証」です。

こうすれば上手くいくはずだという仮説を思いついたら、すぐにやってみましょう。上手くいくかどうか、自分の手で実際に検証してみるのです。

ジョギングでは「腕の振りをこうすれば、もっと速く走れるはず」

ブログでは「こういうタイトルを意識すれば、もっとアクセス数は増えるはず」

もし上手くいかなかったとしても、「その仮説は正しくなかった」ということがわかります。そして、新たな仮説のブラッシュアップへつながります。

なんとなく続けるのではなく、思いついたことはどんどんやってみる。そして検証する。やってみて初めて見えてくる景色はあるのです。

「やめない」だけでは上手くいかない

成功の秘訣は「やめないこと」とよく言われます。確かに間違ってはいません。それは必要条件の話であって、やめないだけでは成功できません。

ただ続けるだけでは、何かを成し遂げることはできません。山のふもとの平坦な道を、いくら歩き続けても山頂にたどり着けないのと同じです。山頂へ向かう積極的なチャレンジが必要です。

多少上手く回り始めても、チャレンジを止めてはいけません。勝っているうちに、次へのチャレンジをしないと、尻つぼみです。勝っているうちにあえて負けておくことも必要です。

競争社会では、みんなが下りのエスカレーターを逆に登っているようなイメージです。歩みを止めた瞬間から、下がっていってしまいます。

ただ漠然と歩いているだけでは、上の階にいくことはできないのです。

今日のわかった

続けるために続けても、何も変わらないんですよね。

次のレイヤーに上がるために、コツコツチャレンジしていきましょう。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です