Movabletypeで過去記事を自動ツイートする方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Uh, oh: I think I just sent that text message to the wrong person...
Uh, oh: I think I just sent that text message to the wrong person… / Ed Yourdon

WordPressでブログを運営している方々が、プラグインを利用して、過去記事を自動ツイートをしているのをみて、「ウチでもやってみよう!」と思ったら、Movabletypeでは同じ機能を持つプラグインが無い…。

ということで、プログラムを書きました。プラグインではなくて、力技による方法です。PHPとサーバーの知識が多少必要です。MTユーザーで過去記事を自動ツイートをしてみたい方はご参考にどうぞ。

スポンサーリンク

概要

「mt:entryタグを利用して過去記事の情報を配列に入れ、ランダムに記事をピックアップするプログラムコード」をMT再構築で生成し、CRONで定期的に起動する。

必要なファイルを揃える

twikako.php、config.php、qe.plは、ここからダウンロードして、解凍してください。

ライブラリを取得しておいてください。
Jsphon/Decoder.php
twitteroauth.php、OAuth.php(downloadをクリックするとダウンロードできます)

config.phpの編集

TwitterのOAuth承認情報を取得して、config.phpファイル内に書き込んでください。OAuthの申し込みはこちらから。書き込み方などはこちらが詳しいです。

bit.ly(URL短縮サービス)のAPIkeyを取得して書き込んでください。取得はこちらから。アカウントを持っていない方は取得してください。

何時にツイートしたいかを、配列$twiTimeで指定してください。

$messageは、ツイートの序文です。好きな文章に変更してください。

twikako.php

<MTEntries sort_by=”created_on” days=”365″>
days=”365″は、365日前からの記事という意味です。数字は好みに変更してください。全部の記事を対象にしたければ、days=”365″は消去してください。

qe.pl

記事タイトルにクォートが入っているとエラーが出てしまうので、クオートを処理する必要があります。本プラグインは、全角のクオートに変換します。プラグインqe.plをMovabletype本体のmt/pluginフォルダに入れてください。

保存・再構築

twikako.php、config.phpファイルをMT管理画面の「インデックステンプレート」で保存して再構築をしてください。パスはcron/twikako.phpのようにして、専用のディレクトリを作ったほうがわかりやすいです。

ディレクトリJsphon/Decoder.phpとtwitteroauth.php、OAuth.phpファイルを、FTPなどを利用して同じディレクトリに保存してください。上記の場合ならcronフォルダ内です。

twikao

この時点で、twikako.phpにブラウザアクセスしてみて、ツイート出来ることを確認してください。

CRON設定

レンタルサーバーの設定で、twikako.phpを毎時起動するように設定します。設定の方法は各レンタルサーバーのマニュアルを参考に。

毎時実行して、最終的には配列$twiTime内の時刻で判別します。サーバー負荷を減らしたい場合は、2時間おきなど、CRON側で実行時刻を間引きすると良いと思います。

以上です。ご参考にどうぞ!

今日のわかった

回数を多くツイートしすぎるとウザイので、調整しましょう。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です