ミニサイトよりも電子書籍の方が効率よく収益化できる場合がある

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログ記事の中で、ある程度ボリュームがあるテーマをスピンアウトして、ミニサイトを作る方法を推奨してきました。そのほうがSEOもしやすく、収益化しやすいからです。

しかし、SEOがハマらないとページビューが伸びず、労力の割に収益が出ないこともあります。年々競争が激化して、リスクが大きくなっています。

だったら、電子書籍にして販売したほうが、効率よく収益化できるのではないか? というお話です。

スポンサーリンク

商品か、知識か

とはいえ、すべてのテーマが電子書籍に向いているわけではありません。

特定の「商品」の紹介に特化する場合は、ミニサイトの方が収益化しやすいです。商品名をキーワードにしてSEOすれば、商品に興味のある人が集まってくるので、商品購入のコンバージョンが高くなるからです。

一方、マラソンの練習法のような、「知識」を紹介したい場合、そのソリューションとして商品購入に結び付け、アフィリエイト収入を得られれば良いですが、難しい場合が多いです。アドセンスは、ページビュー数が多くないと収益は限定的です。

電子書籍の収益性の高さ

Kindle出版の場合、KDPセレクトとい、Kindle独占出版を契約すると、印税が70%になります。あと消費税が8%と、データ通信料が1MBあたり1円かかります。1MBの電子書籍を最低金額250円で販売すると、1冊辺りの収益は、250÷1.08×0.7-1=161円です。

同じ収益をアフィリエイトで得ようとすると、料率1%の楽天市場だと16,100円、料率5%のAmazonだと3,220円、3%だと5,367円の商品を売る必要があります。なかなかハードルが高いです。

マルチメディア戦略

ミニサイトは上手くハマれば大きな収益を上げることができます。しかし、ミニサイトは集客をSEOに頼る傾向にあるので、検索順位の変動で収益が大きく振れます。

収益を安定するには、収益源を複数持つのが王道です。コンテンツをブログ、ミニサイト、電子書籍、そして最近はnoteなどのコンテンツプラットフォームを利用して、手を変え品を変えてさまざまなチャネルで収益化できます。

リーチ力をつけておく

ミニサイト&SEOで収益を上げるには、基本的にひっそりやるのが一番です。なぜなら、収益キーワードがバレてしまうと、ライバルが参入してきてしまうからです。

一方、電子書籍やnoteで収益化するには、ブログやソーシャルメディアでリピーターを増やして、リーチ力をつけておく必要があります。影響力ともいえますね。最初は自力で集客できないと、無人島でポエムを売るような状況と同じです。

これからの時代は、何をやるにしろ、リーチ力をつけておくことが、新たなチャレンジをする上で、大きな力となるのです。

今日のわかった

ミニサイトはターゲットにもよるでしょう。知識系サイトでも、アドセンスをガンガン踏んでくれるようなテーマとターゲット層であれば、収益が見込めます。

収益性が悪いなと感じたら、電子書籍の可能性も探ってみましょう。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です