MacBookAir (Retina, 13-inch 2018) キングオブバランスの過不足なく高レベルの名機

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

5年ぶりにメインのノートパソコンを新調しました。

これまで使っていたMacBookAir Mid2013は、4月にSSDを120GB→240GBに換装して、使い勝手が良くなったのですが、動作の遅さが気になるケースが増えてきて、「そろそろ買い換えても良いかな」と考えるようになりました。

Retinaディスプレイ搭載のMacBookAirが初めて発売との情報が。迷わず注文しました。

スポンサーリンク

メモリは16GB、SSDは512GBに

Retinaディスプレイモデルだと、一番安価なスペックだとメモリが8GB、SSDが128GBで134,800円(税別)です。

以前のMBA(MacBookAir 以後MBA)では、ブラウザでたくさんのタブを開いたり、アプリを同時に立ち上げると、動作が遅くなってしまい、ストレスになっていました。

仕事で使うパソコンなので、メモリは倍の16GB。SSDもこれから動画だ何だと多い方が便利なので、一気に512GBへ。

価格は192,600円。消費税を入れると、208,000円と20万超え。以前のMacの値段の2倍以上となってしまいました。

カスタマイズ版のMBAは、発売日の2018年11月7日から一週間後の11/13に届きました。

画面の指示通りにセッティングを済ませました。「FileVaultディスク暗号化」だけは、直感のようなものが働き、やめておきました。

2倍の値段を支払う価値のある内容

一番に目を引いたのは、もちろんRetinaディスプレイの美しさ。これだけで、幸せな気分になれます。買ってよかったと思いました。

メモリをしっかり積んだので、ブラウザでタブをたくさん開いても、問題なく作業できます。

カラーはスペースグレイを選びました。ゴールドも考えたのですが、外出先で利用することを考えると、あまり目立つのも嫌だなと。

結果的にスペースグレイで正解でした。重厚感があリます。MacBookProの購入を考えた時も、スペースグレイをイメージしていたので。

気になっていたキーボードは、ストロークが短く、カタカタ軽快にタイピングできます。

価格的にMacBookProでも良いのでは?という話もあったのですが、MBAユーザーとしては、13inchのディスプレイと、シャープな外観がたまらないんですよね。

指紋認証

新MBAにはTouch IDと呼ばれる、指紋認証がついています。パスワードを入力しなくても、指でタッチすれば一発で起動します。

地味ですが、先端技術な感じもしますし、便利です。

ちょっと慣れないUSB-Cポート

新MBAは、外部ポートのUSB-Cが、左側に二つしかありません。潔いです。

一つは給電用に使うので、実質的に外部ポートは一つしかないことになります。

前のMBAには給電ポートの他に、SDカードポートと、USBが2つありました。

最低でもSDカードのポートと、VGAの外部出力が必要なので、こんな多機能USBCアダプタを購入しました。

色々別途購入するよりも安いですし、一つにまとまるので便利かなと。

外部ポートは無線化していく

一つだけ問題が。私は有線のマウスを使うことが多いのですが、ポートが左側なので、ケーブルを引き回さないとです。

しかし、これもBluetoothの無線マウスを使えば済むことです。

無線マウスは、電池の分だけ重量が重くなったり、いきなり電池が切れて使えなくなったり、落とすとすぐに壊れるなど、あまり好きではないのですが、慣れの問題かもしれません。

最近のデジカメは無線送信に対応しているものが多いので、SDカードスロットもだんだん必要なくなってくるのでしょう。

スペースグレイ-1.6GHzデュアルコアプロセッサ(turbo-boost使用時最大3.6GHz)-256GB

※気が付いたことがあれば、追記していきます。

今日のわかった

新しいMacBookAir。工芸品のような感覚すら覚えます。

快適に作業ができそうです。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です