パナソニックLX3に、レンズキャップ(リコーLC-1)装着してみた

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

前回紹介させてもらった、パナソニックLX3。

あと一つ弱点がありました。レンズキャップがしょぼいことです。

付属のレンズキャップだと、撮影の度にいちいち手で取り付け、取り外しをしなければならず、面倒に感じていました。自動で開閉するレンズキャップがあればなと思っていました。

ところが知人に聞いたら、「リコー用のレンズキャップを取り付けられるよ。みんなそうしているよ!」とのこと。調べてみたら、たくさん情報が出てきました。

LX3 レンズキャップ

私も情報を元にリコーのLC-1を装着してみましたよ。

スポンサーリンク

1)出っ張りを削る

一部当たる部分があり、そのままでは装着できません。無理に押し込むと、マウント部のネジ山は潰れます。プラスチック製なので。

複数のサイトで紹介されていた図面を参考に、ちょっとずつカッターで削っていきます。一度に削るのではなく、ちょっと削ったら、カメラに合わせて確認を繰り返した方が良いと思います。削りすぎると、ブカブカになってしまうからです。

図面を見るコツは、レンズキャップにある「白い印」をまず見つけることです。

2)パッキンを装着

LC-1を装着しただけだと、ズームした際にフタが閉じてしまって、視界に入ってしまいます。これをケラレと呼びます。

そこで、TOTOの水管用ゴムパッキンTHY91506を購入しました。なんとこれがレンズ部にピッタリ収まるのです。

ただし、色が灰色なため、そのまま付けるとカッコ悪いです。

黒のマジックで着色すれば、目立たなくなりますが、知人のLX3を見せてもらったところ、ちょっと雑な感じが…w

そこで、私は模型屋さんでつや消しブラックのスプレー(450円)を購入して、塗装しました。これが思いのほかバッチリで、パッと見では絶対に気がつきません。

あとは両面テープを貼って、はみ出た部分をカッターで綺麗に取り除いてから、レンズ部に貼付け。

ゴムパッキンの厚さ分で、ケラレを回避できるようなるのです。これを考えた人すごいです!ありがとうございます。

我が家のLX3にも、自動開閉式のキャップを無事装着できました。

色々持ち歩いて、たくさん写真を撮るぞー!

今日のわかった

現代の処世術は、疑問を感じたら、まずはググってみることだと、つくづく感じました。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です