コブ斜面は硬いスキー板のほうが滑りやすい?

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

今シーズンもよく滑りました。どんなコブ斜面でも滑りきれるわけではありませんが、とりあえずコブに入っていける度胸はつきました。

最近大きな発見がありました。長くて硬い板の方が、コブを滑りやすいということです。

スポンサーリンク

コブ裏をしっかり削れる

これまでは、コブ斜面は柔らかくて短くて軽い板の方が滑りやすいと思い、160cmのオールラウンド系の板でコブに入っていました。

コブ初心者が硬い板でコブに入ったら、板を制御できずにコブにすっ飛ばされて終わりです。しかし、ある程度コブ斜面の中での動きをマスターすると、重量が増えても、長くて硬い板の方が滑りやすいと感じました。

硬い板の方が雪面に力が効率的に伝わります。長い板の方がコブ裏をしっかり削って減速できるので、滑りが安定するのです。

硬さが筋力を補強してくれる

スキーの動きが身についていない初心者は、小手先の動きでカバーできたほうが安心なので、柔らかいブーツや板を履きます。しかし、ある程度動きがわかってくると、硬いスキーブーツやスキー板を履いた方が、楽に安定した滑りができます。

これまで筋力で維持していたものを、ギアの硬さが肩代わりしてくれるからです。

コブの中ですら、スキー板は硬いほうが楽だと感じられたのは、私の中では大きな発見でした。

オガサカ KS-SS

今回私が履いた硬いスキー板というのは、OGASAKAのKS-SS 165cmです。バリバリの基礎スキーです。

Cross Max 07(2002年モデル)

これまではサロモンのCross Max 07(2002年モデル)を履いていました。さすがにかなりヘタってきました。

▼▼▼▼

昨シーズン受験したSAJ1級では、コブ斜面だけは合格点を貰えました。来シーズンは再びSAJ1級を目指してみようかな。

私はコブの裏をずらして降りる基礎系の滑りなので、縦型でピッチの短いモーグラー系のコブは、コブ裏を削るスペースが少ないので対応が難しいです。

コブを縦に降りてくるモーグラーは、板のたわみを利用して減速するそうです。縦コブは、来シーズンの課題です。

今日のわかった

冒頭の写真は、先日のスキーの一コマ。レストランの前にスキー板を置いておいたら、隣にまったく同じ型のKS-SSが!

同じ板のユーザーということで、意識して置いてくれたのかもしれません。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です