iCloudの写真データが消せない時の対応方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日、iCloudの容量が一杯になってしまったので、iPhone上の写真データを削除しました。

ところが、いくら削除しても、iCloud上のデータが消えず、iPhone上に写真データが復活してしまうのです。

通常ならば、iPhoneとiCloud上の写真データは同期しているので、iPhone側のデータを消せば、iCloud側も消えるはず。

ネットで検索しても、同症状の情報がなくて、Appleのサポートに相談して、解決しました。

原因と対策法とは?

スポンサーリンク

待つことが大切

対策方法とは、ズバリ「待つ」ことでした。

実はiCloudの容量が一杯になったという警告が出てから、1か月ほど放置していました。

今回iPhone上の写真データを削除した際に、1ヶ月分の差分のアップロードが発生してしまったようです。そちらが完了しないと、iCloudとiPhoneが上手く同期せず、写真データを消しても、復活してしまうようです。

よく見ると、「アップデート中」の表示があります。

「バッテリー節約のため一時停止中」という表示でました。iPhoneで写真データの削除を繰り返していたので、バッテリーを消費していたようです。

このアップデートが終わらないと、うまく同期できません。待ちましょう。しばらく待っていると、アップデート中の表示が消えました。

この状態で、iPhone上の写真データを削除すると、iCloud上のデータも消えていきました。

まとめると、

  • iCloud上のデータが一杯になったら、早めに対応する。
  • まとめて削除せず、少しずつ削除して様子を見ながら写真を削除する。

です。同症状の方の参考になれば。

今日のわかった

GoolgeフォトでiPhone上の写真も常時バックアップしているため、iCloudで写真をバックアップしておく意味はさほどなかったり。止めてしまおうかなとも思ってます。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です