グリーン車で快適飲み

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

グリーン車

普通列車にグリーン車が接続されていることがあります。追加料金が結構かかるので、これまで利用したことはありませんでした。

しかし、先日のマラソンレース出場の後に、アイデアを思いつき、グリーン車を利用しました。そして大成功でした!

そう、グリーン車は気兼ねなく「お酒が飲める!」ということです。

さすがに、普通車両の座席で、ビールを開けるのは気が引けます。缶を置く場所もないですし。

グリーン車 座席

グリーン車なら、新幹線と同じくテーブルが出てきますので、お酒とツマミを置いて、ゆっくり楽しむことができます。

▼▼▼▼

この日は、宇都宮線の古河駅から東京駅まで移動しました。古河はなももマラソンに参加した後で、のどが渇いていました。

東海道新幹線に乗るまでビールは我慢かな?と思っていたら、ふとグリーン車の存在を思い出しました。グリーン車なら飲める!

グリーン車 suica タッチ

休日だと東京駅までのグリーン乗車券は780円。グリーン乗車券は、車内でも買えますが、駅で購入したほうが安くなります。JR東日本では券売機でSuicaのグリーン乗車券を購入して、座席上のセンサーにSuicaを「ピッ」とかざせばOKです。

グリーン車には車内販売があるので、ビールが無くなれば、買うこともできます。

宇都宮線グリーン車でビール

東京までの1時間以上、快走のレースを振り返りながら、ビールを飲みながらゆったり過ごすことができました。

今日のわかった

上野東京ラインが開通して、北関東の列車が東京駅に直接乗り入れるようになりました。すごい便利です。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です