グーグル(Google)がテキストリンク広告SEOを駆逐

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

グーグル(Google)が、テキストリンク広告SEOをしているサイトの情報を集めだしたとのこと。

以前からグーグルは、PageRankの売買を禁止しています。
しかし、実際には、「広告」と称してリンクの売買は行われていました。

通報の方法は、グーグルウェブマスターツールの「スパムを報告」に、「paidlink」という文字を入れて、リンクを買っているサイト、もしくはリンクを売っているサイトを報告すればよいみたいです。

今のところ米国だけのようです。
けど、日本にでも行われる可能性がありますので、リンクを買っている方々は注意してください。

+++

PageRankを目的としたリンクは、一見普通のリンクと区別がつきません。Googleの技術をもってしても、難しいみたいです。

結局Googleはその区別を、人々からの「通報」に頼ることに。
しかし、この方法はものすごく精度が高いと思います。

何故なら……。

私も、SEOリンクを買って、検索順位を上げているサイトを、いくつも知っています。

でも今後は、これらのサイトを通報するだけで、それらのサイトを駆逐して私のページの検索順位をあげることができます。

順位が上がれば、収益も向上します。こんな簡単な方法はありませんよね♪

+++

うそです!私はそういうことはやりませんよ。

けど私が思いつくくらいですから、あなたのページより順位が下のサイトの管理人さん達はみんな、あなたのサイトを邪魔くさいと思っているということです

でも、Yahooとかのメディア系サイト広告枠販売とか、J-listingのような有料カテゴリ登録は、大丈夫なのかな??

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です