激安SSL証明書「GOGETSSL」での証明書発行の仕方

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最近はほとんどのサーバーで無料SSLを利用できますね。

ところが先日、独自にSSLを購入して設定する必要があったので、海外の激安SSL証明書「GOGETSSL」を購入しました。

その方法をメモしておきます。

スポンサーリンク

GOGETSSLで購入の手順

2年の方がお得ですし、更新の手間が省けるので、なるべく長い期間購入しておくのをおすすめします。昨年は3年購入できました。

支払いは日本からだと、Paypalかクレジットカードでしょう。

左サイドバーのOnlineToolsから、OnlineCSRGeneratorを選択します。

必要事項を記入します。

証明書の購入完了です。テキストを全てコピペして保存しておきましょう。

サイドバーの「SSL Certification」から、今購入したSSLの「Generate」をクリック。

先程コピペしたテキストの

—–BEGIN CERTIFICATE REQUEST—–

—–END CERTIFICATE REQUEST—–

までを全て、「Paste your CSR」へペーストします。

バリデーションをするためのメルアドを設定します。ドメイン取得時にWHOISに登録したメルアドを利用するのが一番簡単です。

「Get WHOIS email」をクリックすれば、メルアドを取得して、プルダウンメニューに追加してくれます。

必要事項を記入します。

メールが届くので、「here」のクリックして、Validation codeをコピペすれば完了です。Gmailで、hereがクリックできない場合は、「元のメッセージを見る」をクリックすれば、できるようになります。

SSL Certificationに戻って、該当のSSLの「View」をクリック。

「Download〜」から必要な書類をダウンロードします。

各書類の説明

②プライベートキー[パスフレーズなし]
SSLCertificateKeyFile

は、証明書を購入完了したときにコピペしたテキスト内にある

—–BEGIN PRIVATE KEY—–

—–END PRIVATE KEY—–

です。全てコピペします。

発行された証明書SSLCertificateFile(必須)は、.crtファイル(Download CRT)、発行されたSSLCACertificateFile中間証明書(必須)は、.ca-bundleファイル(Download CA)の

—–BEGIN CERTIFICATE—–

—–END CERTIFICATE—–

をコピペする。2つあるときは1つ目だけでOK。

今日のわかった

もし必要であれば、ご参考に!

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です