新幹線&手ぶらで行く、激安日帰りスキー – ガーラ湯沢

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_3616

ガーラ湯沢に日帰りでスキーに行ってきました。

JR東日本の平日プラン(ネット申し込み限定)を利用すると、往復新幹線チケット+リフト代で6,900円→2016年は値上がりしていますが、それでもお得。通常だとガーラ湯沢まで新幹線の往復だけで12,780円かかるので、さらにリフト券がついてこの値段は、かなり割安です。

スポンサーリンク

スケジュール

行きは、東京駅8:04(Maxたにがわ)→ガーラ湯沢駅9:41着。帰りはガーラ湯沢駅16:03(Maxたにがわ)→東京駅17:40着の新幹線を利用しました。

IMG_3556

10時過ぎから滑り始めて、15時くらいまでガッツリ滑りました。昼食や休憩の時間を除いても4時間はみっちり滑れました。日帰りスキーとしては十分です。

快適なガーラ湯沢駅

IMG_3624

新幹線を降りて、改札を抜けると、すぐにチケットカウンターがあります。チケットを出してリフト券を貰います。

IMG_3614

更に進むと、レンタルスキーのコーナー、更衣室があります。

IMG_3620

宅急便のコーナーもあります。スキー用品を宅急便で送ると、本当に手ぶらでスキーができます。

IMG_3617

更衣室には何度でも開け閉めが可能な、コインロッカー(一日1,000円)があります。着替えるスペースも十分です。

IMG_3618

更衣室の先にはゴンドラ乗り場があります。重いスキー、スノボーを持って、長い距離を歩く必要はありません。

景色の良いスキー場

スキー場は普通な感じです。各所にレストランもあります。リフトは4人乗りクワッドも多く、輸送力・スピードは申し分ありません。

IMG_3572

景色は絶景です。頭の中を真っ白にできます。

IMG_3576

写真はゴンドラ駅にあるブルーシールというお店のアイスクリーム。この日は天気が良く、気温がかなり上がったので、美味しかったです。

下山コース

IMG_3591

IMG_3595

ゴンドラでガーラ湯沢駅まで帰ることもできますが、下山コースがお勧め。湯沢の街と山々を観ながらの2.5kmコース。さすがに下の方は雪がグチャグチャで滑りづらいですが、最後までスキーを満喫できます。

アフタースキー

IMG_3619

ガーラ湯沢駅の中に温泉施設があります。ゆっくり疲れを癒してから帰れます。

IMG_3631

車でスキーへ行くと、帰りの運転がキツいのです。ガーラ湯沢は新幹線なので、帰りはビールを飲みながら、ゆっくり過ごせます。これは価値があります。

東京駅に18:00前に到着するので、そのまま帰宅してもよし、買い物や夕食を食べることもできます。

IMG_3644

お得な料金

冒頭で紹介したように、新幹線+チケット代で6,900円。コインロッカーが1,000円で、合計7,900円です。

首都圏の方なら、宅急便を使っても、1万円強で手ぶらでスキーにいけます。安いです。

私は静岡から参加したので、静岡-東京の往復新幹線代と宅急便代が別途かかりましたが、利便性を考えるとそれでもお得感を感じました。

【参考】2016年は石打丸山がお得です。

新幹線スキー2016 リフト券込みで9,900円 – 石打丸山スキー場

えきねっと びゅう国内ツアー JR SKISKI

今日のわかった

帰りの新幹線で、500mlの缶ビールを、あっという間に飲んでしまいました。

ホームの売店にビールを買いに行ける駅は、ただ一つ。高崎駅です。通過待ち合わせで4分くらい停車します。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です