フォレストアドベンチャーが、スリリングで面白かった

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ゴールデンウィークは茨城の実家に帰省。筑波山の中腹にあるフォレストアドベンチャー・つくばへ遊びに行きました。

とても楽しかったので、レポートします。

スポンサーリンク

木の上で楽しむアクティビティ

フォレストアドベンチャーとは、その名の通り、林の中で楽しむアクティビティです。木の間に張ってあるロープをの上を歩いたりするため、かなりスリリングです。

落ちたらどうなるの? と思うかもしれませんが、いわゆる「命綱」をつけているため、落下することはありません。

慣れてくると、ロープに体重を預けて移動した方が楽だし面白いことに気が付きます。

自分の体は自分で守る

我が家がチャレンジしたのは、キャノピーコースと呼ばれる、身長が110cmあれば参加できるコーツです。いわゆる入門向け。それでも、かなり楽しめます。

道具は他のコースと同じ。時間をかけてしっかりと装着して、プーリー(コース上のケーブルと命綱をつなげるもの)の使いこなし方を、みっちり教わります。

小さな子供にも容赦しません。フォレストアドベンチャーは「自分の身は自分で守る」がルール。子どもたちも真剣に話しを聞いていました。

命綱があるので、絶対に落ちないとわかっていても、やっぱり怖いです。子どもたちも苦戦しながらなんとかクリアしていったものの、次男が、ゴール直前のジップスライド(ターザンみたいに降りるやつ)でギブアップ。係員に助けに来てもらいました。

つくばのキャノピーコースは、サービスで2周させてもらえるということで、もう一周。2回目は次男もジップスライドを華麗に決めることができてご満悦。

140cm以上、もしくは小学4年生以上になると上級の「アドベンチャーコース」にチャレンジできます。次回はぜひこちらにチャレンジしてみたいです。

駐車場について

今回行ったフォレストアドベンチャーつくばは、筑波山神社の近くにあり、神社付近の公共の駐車場を利用します。ゴールデンウィークは登山客や観光客で混んでいて、駐車場も満車。

これはマズいと思いましたが、誘導員の人に「フォレストアドベンチャーに予約している」とつたえたら、最寄りの第一駐車場へ入れてくれました。満車でしたが、ゲート待ちは一台だけで、待っていたらすぐに出庫する車がいて、すぐに入れました。

混む前に早く到着するか、山全体の混雑状況を把握してから、向かったほうが良さそうです。

おもてなし館について

フォレストアドベンチャーの受付窓口がある「おもてなし館」が良かったです。

トイレは綺麗ですし、コーヒーやスムージーが100〜200円で飲めます。おもてなしを感じました。

フォレストアドベンチャーついて

つくばだけでなく、全国各地にあります。富士山の近くに一号店があります。そちらにも行ってみたい!

今日のわかった

第一駐車場でお財布を拾いました。GW真っ最中だというのに…。免許証が入っていたので、早く持ち主に届くといいな。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です