文章を書くのが苦手だという方にお勧めの文章練習方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

自分の書く文章が読みにくい、わかりにくい、と考えている人は多いと思います。どうしたら読みやすい文章を書けるようになるのでしょう?

文章術の本を読んで勉強しても良いですが、もっと実践的な方法があります。それは……。

スポンサーリンク

書き写す

わかりやすいと思う文章を、書き写してみることです。

読みやすいと思う本があれば、数ページをまるごと書き写してみます。手書きでなくても、パソコンでタイプしても良いです。スマホでもよいです。とにかく普段文章を書く方法で書き写してみる。

細かいテクニックがどうのという話ではありません。書き写すことで「普通の文章」であることがわかるでしょう。わかりやすくて読みやすい文章とは、高尚な文章ではなく、ありふれた言葉を利用した、平易なものなのです。

明確なメッセージ

伝えたいメッセージを明確にしておきましょう。いくら文章が上手くても、言いたいことがぼやけていると、わかりにくい文章になります。逆にメッセージが明らかであれば、文章に多少難があっても、理解してもらえます。

言葉は使って鍛える

あとは、ひたすら文章を書くことです。英語は使わないと上達しませんよね。語学は数をこなさないと上手くならないのです。

むずかしく考えず、自分が使えることばで、自信をもって書けば、自然とわかりやすい文章になるはずです。

今日のわかった

最近ブログ以外で文章を書くケースが増えました。

ところが、微妙に文章の形が違うので、うまく書けないのです。読みやすい本の文章を書写して、トレーニングしています。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です