「なんとなく」ではなく「本当にExcelを使いこなせる」とは?

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

求人情報を眺めていると、採用条件に「Excelが使えること」とある案件が多いです。Excelは事務作業では必ずと言っても良いほどに使われてるソフトです。多くの人がそこそこ使えるでしょう。

しかし、経理の現場では「経理=Excel」と言っても良いくらいに密接な関係があるとのこと。「なんとなく」ではなく「本当に」Excelが使えないと役に立たないのです。

これ一冊で完璧! Excelで経理即戦力講座

とはいえ、心配はありません。経理におけるExcel作業には勘所がいくつかあります。本書で学んで、意識してExcelを利用していけば、おのずと身についていくでしょう。

スポンサーリンク

簿記の資格だけでは戦力にならない

経理の現場での作業のほとんどは、Excelで行われています。自動車免許の学科が合格しても、自動車の運転操作ができないと意味が無いのと同じで、簿記の知識は重要ですが、Excelが使えないと話にならないのです。

もっと言えば、簿記の資格を持っていなくても、Excelが使えれば仕事はできてしまうのです。

しかし「なんとなく」Excelが使えるだけでは、経理業務で戦力になるレベルには届きません。しかし、本書を読む限り、必要な機能や関数を覚えて、意識して使うようにすれば、すぐに実力はつくはずです。

必要な機能を十分使いこなす

経理におけるExcel業務は、「後で集計しやすいようにシートを作る」に尽きます。経理の最終目的は、クライアントの決算書を作ることです。大量の会計データをスムーズに集計できるシートを作らないと、意味がありません。

入力語句のリスト化やルール化、経理に本当に必要な幾つかの関数をマスターして活用していくことで、Excelを自在に操れるようになります。

Excelに作業をしてもらい、より上位の仕事へ

Excelで経理のシートを上手く作れるようになると、経理の仕組みや勘所もわかってきます。単純作業は極力省人化することで、経理担当者は会社の収益構造の改善のような、クリエイティブな提案業務にリソースを向けられるでしょう。

将来的には経理の入力作業は人工知能に移行していくと言われていますが、経理作業の具体的な中身を知っていることは、経理担当者として大きなアドバンテージになります。

経理、会計で食べて行きたい方は、ぜひ本書に目を通しておくと良い思います。経理の現場の生のテクニックが紹介されています。Excelを使いこなせることが第一です。

今日のわかった

本書は著書である三浦先生から頂きました。ありがとうございました。

三浦先生は、同じ静岡市に住む友人です。共にサブ3.5ランナーで、マラソンの良きライバルでもあります。

3年前に出版された前著「経理業務のためのAccess実践講座」も好評とのことです。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です