全自動ディーガ熱問題の画期的な解決方法

新居に引っ越した際に、テレビボードも新調しました。

愛用している全自動ディーガを収納し、利用を開始したところ、全自動ディーガがかなり発熱していることに気が付きました。

時期も梅雨明け間近ということで、気温は高めですが、あまりにも熱すぎる。毎日利用するには不安になるレベルです。

色々検討した結果、ある方法で対策しました。

原因はホコリ対策された密閉されたTVボード

TVボードは、デザイン重視で選びました。

最近のテレビボードは、密閉度が高く、ボード内にホコリが入りにくい構造なものが多いので、特に気にせずそういうボードを選びました。

しかし、よく考えてみると、全自動ディーガは24時間常に録画し続けるため、普通のビデオデッキよりも発熱します。

密閉されたテレビボードだと、熱がこもってデッキが発熱してしまうのです。

引っ越す前は?

引っ越す前も、テレビボードに収納していました。

1年半ほど利用していましたが、熱は特に気にならなかったです。

今回購入したボードよりも、隙間が多くて、熱がうまく逃げていたのかもしれません。

もしかしたら、それなりに発熱していたのかもしれませんが、一度気になってしまった以上、対策をすることにしました。

ベストな対策は、扉のないオープンなテレビボード

ネットで調べたところ、同じようにディーガの発熱を気にする記事をいくつかみかけました。

USB給電のPCファンで排熱する方法もありますが、音がうるさいとのこと。

扉がない、オープンなテレビボードを利用するのがベストのようです。

我が家の場合は、数万円もかけてボードを購入しました。できれば買い替えせず、うまく利用する方向で検討することに。

我が家の対策は、「背板を撤去」

まず、背板の配線を通す穴についているゴム製の部品を取り外し、穴を広げてみましたが、熱がうまく逃げず、焼け石に水でした。

表の扉を開けておくと、熱がうまく排出されて、熱がこもらないことがわかりました。

とはいえ、開けっ放しにしておくのは見栄えが悪いです。扉を取り外してしまうのも、デザイン的に✗。

そこで、思い切って、背板を撤去してしまうことにしました。

表の扉を開けておく代わりに、後ろ側を開けておくのです。これならぱっと見わかりません。

テレビボードの背板の厚さは3mm。これくらいの板なら、カッターの方が切れるということで、200円ほどのカッターを購入。

金属製の定規を利用して、同じ線を何度かなぞると、板が切れました。危ないので、あまり力を入れないように。

糸ノコなどで切った方が安全かもしれません。その辺は技量次第です。

デメリットはほこりが溜まる

背面がオープンなので、ホコリは溜まりやすくなってしまいました。そこは掃除機でこまめに掃除するしかありません。

ホコリまみれの電化製品は危ないので、密閉してしまうよりも、普段から気にして掃除したほうが、安心かもしれません。

チンチンに発熱して焦りましたが、うまく対策できてよかったです。

【参考】全自動ディーガなしでは生活できなくなってしまいました

今日のわかった

外付けのHDDも発熱するので、テレビボードの上に置いてあるのですが、今回の対策により、HDDもボード内に収納できそうです。

デッキの発熱が大きいと、デッキの動作が止まってしまったり、火災の原因になるので、気をつけたいところです。

家電
スポンサーリンク
管理人かん吉をフォローする
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました