「アクセス先のサイトで不正なソフトウェアを検出しました」の表示と対策

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

アクセス先のサイトで不正なソフトウェアを検出しました

知人から、わかったブログの記事にGoogle Chromeでアクセスすると

「アクセス先のサイトで不正なソフトウェアを検出しました」

という表示が出るとの連絡をもらいました。

スポンサーリンク

del.icio.usのリンクボタンが原因だった

表示の内容は以下のとおり。

アクセス先のサイトで不正なソフトウェアを検出しました。

現在、del.icio.usでは、悪意のあるユーザーがご利用のMacに危険なプログラム(写真、パスワード、メッセージ、クレジットカード番号などを盗み取るか削除するプログラム)をインストールしようとしている可能性があります。

どうやらdel.icio.usがGoogleからフィッシングサイト認定を受けてしまっているようです。有名なブックマークサービスなんですけどね。

個人ブログで100万PVを目指すということ

わかったブログの各記事の下にdel.icio.usのブックマークボタンを設置していました。利用頻度も少なそうなので、ボタンを外して対策したところ、同表示はなくなりました。

del.icio.usはフィッシングサイト扱いされている

Googleのセーフブランディングでdel.icio.usをチェックしてみたところ、不穏な内容でした。

icio.us の現在の状況
疑わしいサイトとして認識されています。このウェブサイトにアクセスするとコンピュータに損害を与える可能性があります。

過去 90 日間に、このサイトの一部で不審な動きが 1 回検出されています。

via: セーフブラウジング(2014/10/27時点)

「icio.us は、過去 90 日間に 1 個のサイト(bit.ly/ など)への感染媒体となっていた形跡があります。」とありました。bit.lyも同じようにGoogle Chromeでブロックされていたそうです。関係がありそうですね。

bit.lyについては、現在は解消されているようです。

83-Dさんに連絡を頂きました。ありがとうございました。

今日のわかった

サイトのアクセス数に直結するだけに、ブラウザでブロックされてしまうことだけは避けたいです。検索エンジンのランキングにも影響しそうです。

もし他のサイトで同じような症状を見つけたら、積極的に教えてあげたいと思いました。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です