CSSでクールなデザインのサイト・ブログを作るコツ

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最近、「わかったブログ」のデザインを変更した。

私はデザインが全くダメw
いつも、手持ちの技でいかに綺麗に見せるかだけを考えている。

+++

今回、私が行き着いたデザインは、

「CSS+無料アイコンなどをポイント的に利用したもの」

ブログのデザインは、極力シンプルな方が良いようだ。

photoshopなどで作った画像パーツは、あまり使いすぎると、デザインばかりが目立ってしまい、肝心の記事が映えなくなる。

また、素人が作った画像パーツは、見るに耐えない場合が多い。画像パーツだけは、デザインに関する才能や感覚を持ち合わせていないとダメだと思う。

どうしても自作で作りたい場合は、淡い色を基調として、グラデーションを利用したものを、見出しなどに利用する程度にしておきたい。

それに対して、CSSは画像パーツほどデザインの才能は要らない。
四角を基本に、ボックスを並べていくだけだ。

それでも、ボックスの境界線の種類や細さ、背景の色などを組み合わせれば、驚くほどたくさんのバリエーションを作れる。

シンプルにCSSで基本デザインを作ったあと、見出し部などに専門家が作ったイラストやアイコンを設置してアクセントをつければ、不思議とそれなりに映えてくる。

気の利いたデザインのイラストやアイコンは、下記のページが参考になるだろう。

CSSの勉強は、うかさんのサイトが参考になる。

CSSレイアウト実践講座

このサイト自体が、ほとんどがCSSで組まれている。
CSSだけでもかなりできることがわかるはず!

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です