海外リゾートスキーの魅力 カナディアンロッキーで極上の雪を楽しむ

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_4649

カナダでスキーを楽しんできました。北海道より緯度が高いカナダのスキー場の雪はフカフカしていて軽い。気持ちよく滑ることができました。

海外スキーというと敷居が高く感じますが、今回、カナダで経験した感じでは、日本とさほど変わりません。

スポンサーリンク

スキー用具はどうするの?

バンフ スキーレンタル

自前の板を持って行ってもよいですけど、荷物が増えて費用がかかります。現地でレンタルするのが一般的です。私が借りた板はサロモンのカービングモデルでした。自分の板より新しくて快適でした。ブーツとウェア、ヘルメットも借りられます。

ゴーグル、手袋、帽子はレンタルが無いので、自前で用意する必要があります。

バンフ市内のレンタルショップで数日間まとめて借りました。ホテルにロッカーがあって、滞在中置いておくことができます。

スキー場への移動はどうするの?

我々は宿のあるバンフの街から、サンシャインビレッジとレイクルイーズのスキー場へ、ガイドさんの車で移動しました。ハイウェイを利用して一時間弱。一般客の方は、シャトルバスが出ています。

スキー場の施設は?

サンシャイン・ビレッジスキー場

IMG_4492

リフトやゴンドラの乗り方は日本とまったく同じです。戸惑うことはありません。コース場にもルートが詳しく表示されています。

レイクルイーズのスキー場には、「動く歩道」があるコースがありました。初心者や子供でも安心です。

IMG_4645

IMG_4419

IMG_4418

レストランも日本とまったく同じスタイルです。好きなものを選んで会計して、テーブルで食べます。

IMG_4675

IMG_4678

カナダの方はほとんどヘルメットにゴーグルをしていて、パッと見ても国籍がわかりません。ここは日本のスキー場だと言われてもわからないです。

アフタースキーは?

バンフの街

saltlik ピノ・ノワール

バンフのスーパー

今回滞在したバンフ市街は観光地でありながら、一般の人も住んでいます。レストランやスーパーなどのお店もたくさんあります。白馬駅近くのようなイメージかな。

スキー場までの往復は時間がかかります。その代わり、アフタースキーは街に繰り出せるので楽しいです。

海外リゾートスキーの魅力

IMG_4655

IMG_4664

海外旅行の最大の魅力は「非日常」です。言葉も文化もまったく違う国の街を歩くだけでも、刺激になります。

しかし、街を歩き続けるだけでは飽きてしまいます。スキーというアクティビティを組み合わせれば、スキーをしながらも非日常を体験できます。

雄大なカナディアンロッキーの景色をスキー場から見るだけでも感動します。

▼▼▼▼

通常は旅行会社が企画するツアーに参加することになります。上記のポイントに注意して、自分に合ったプランを選択すれば良いと思います。

今日のわかった

カナダは山全体がスキー場になっていて、木々の間とかをみんな楽しそうに滑っていました。これぞリゾートです。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です