主役はブログではない。ブログマーケティングの本質とは?

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログに、ネットマーケティングの可能性を感じて、ブログを更新し続けてきました。

ブログ運営を続けてきてわかったことは、ブログで物販やサービス提供などのビジネスを成功させるには、単にページビュー数が多いブログを作れば良いというわけではないということです。

ブログは主役ではありません。主役はブログを運営するブロガー、つまり「人」なのです。

スポンサーリンク

SEOは本当の意味でのマーケティングではない

一昔前のネットマーケティングといえば、SEO(検索エンジン最適化)でした。ウェブサイトやブログに読者を引き込むには、検索エンジンが一番有効だったのです。

しかし、検索エンジンの利用が人々の生活に溶け込んでいくにつれて、検索エンジンは、欲しい答えを探すだけの装置になってしまいました。

人々は、個々のブログ記事を、検索結果としてのコンテンツとしか見てくれません。問題解決を求めている人たちは、答えだけ読んで、さっさと退出してしまうのです。

検索エンジンからの流入に頼っている限り、ブログは検索エンジンの一部に取り込まれている状態です。ブログの個性や特色などをアピールしたくても、人々に伝わりにくいのです。

ブランドなきマーケティングは通用しない

検索エンジンでしか集客できないブログは、コモディティ(一般化)します。人々が安売りの家電量販店に流れるのと同じです。ブログも検索上位の記事しか読まれなくなります。

最近検索エンジンで検索して読んだ記事の、ブログ名を覚えていますか? おそらく覚えているブログはほとんどないでしょう。ブログ名はブランドです。名前を覚えてもらえないブログが、いくら頑張っても、ブログには何も蓄積されません。

マーケティングの本質は「価値の交換」です。名前すら覚えてもらえない、ブランドの無いブログが、自ら価値を生み出すことは不可能です。

「クレジットカード読みもの」さんの功績

最近のブログ界隈ですごいと思ったのが、クレジットカード読みものさんです。ブログでありながら、「クレジットカード」という超ビッグキーワードで、大手企業、メディアが並ぶ中で、上位にいます。

ブログの運営者は、クレジットカードについて膨大な知識を興味を持っているようです。つまり「クレジットカードおたく」さんです。ほぼ毎日更新されています。

同ブログで公開されている通り、アクセスの多くは検索エンジンからとのこと。しかし、Googleが高性能化した今、超ビッグキーワードでテクニックだけで検索上位には上がれません。

このブログのすばらしいのは、クレジットカード愛に溢れていること。わかりやすい文章で記事を書いていること。そして、ブログ運営論など、クレジットカード以外の記事も書いていることです。ブログ運営者の人なりが見えるところが、ブログのブランドとなり、結果的に検索ランキングを押し上げているのです。

ブログマーケティングの可能性について、希望を与えてくれるブログです。

レビューズを応援する

アジャイルメディア・ネットワークが去年より開始した「レビューズ」というサービスがあります。企業とブロガーを結びつけて、記事広告やサンプリング案件を仲介するサービスです。

記事広告は、一記事あたり3万5千円が執筆したブロガーに支払われます。レビュー記事にしてはかなり高額な報酬です。同じ額をGoogleAdsenseやアフィリエイトで得ようとすると、大変です。

レビューズの素晴らしいところは、クライアントに対してしっかりとした成果を出せるブロガーを厳選している。アジャイルメディアの営業力によりクライアントの質が高い。そして、お金の報酬のやり取りだけでなく、クライアントとブロガーがお互いにブランドを高めあえるレベルが維持されていることです。

当ブログもレビューズに参加していて、2016年2月時点で4件の記事広告をポストしてきました。レビューズがさらに拡大できるよう、これからも協力して応援していきたいです。

主役はブログではない

大手企業やメディアがコンテンツ事業に参入してきて、ネット上はコンテンツで溢れかえっています。その中で個人運営のブログが存在力、ブランドを高めていくには、ブログ記事はもちろん重要ですが、ブログを運営しているブロガー自身が主役であることに気がつけるかどうかは、もっと大切です。

繰り返しになりますが、マーケティングとは、結局人と人との価値の交換です。集客を検索エンジンに頼ってしまうと、検索エンジンの一部となってしまい、ブログ名すら覚えてくれません。

膨大な情報や知識をわかりやすく伝えるには、にじみ出てくるブロガーの人間性が必要です。

クライアントが記事広告をお願いするときは、信用のあるブロガーに頼みたいのです。

モノを売っても、作り手の想いが感じられないものは、価格競争でたたき売りされる時代です。いくらブログのページビュー数が増えても、ブログを運営しているブロガー自身の信用、ブランドが高まっていかないと、意味がありません。もし流れが変わってページビューが減ってしまったら、何も残りません。

ブログでマーケティングといっても、ブログが価値を生み出しているのではありません。ブログを運営しているブロガー自身が価値の源泉です。ブロガーの信用、ブランドを高めていくことで、さらに高い価値を生み出せるようになるのです。

今日のわかった

結局「人」なのかなと、最近特に思います。商品やサービスは栄枯盛衰。でも人の経験や信用は確実に蓄積されていきます。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です