7つの禁煙メリット。喫煙者に伝えたくなる、タバコの無い「リア充」生活

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Smoke 'em if You Got 'em

分煙が社会に浸透してきました。たばこの値段は高くなっています。愛煙家の肩身は狭くなる一方です。

かくなる私も、以前はヘビースモーカーでしたが、会社を辞める際に、妻から「タバコすらやめれない人間が、会社をやめててうまくやっていけるはずがない」と言われて、禁煙しました。

禁煙を始めて10年以上になります。今ではタバコを吸いたいと思うことはありません。

これだけ肩身が狭くなってきているのに、まだ禁煙できない人がいるとのこと。応援の意味もこめて、禁煙のメリットをまとめてみました。

スポンサーリンク

1.脳の回転が良くなる

喫煙していたころは、タバコを吸うと良いアイデアが浮かんだり、考えがまとまったりすると思っていました。調べてみると、この現象は本当だそうです。

喫煙者は、ニコチン切れすると、集中力が切れて脳のパフォーマンスが落ちます。タバコを吸うと、脳が正常に働いて、本来のポテンシャルを取り戻すのだそうです。そのときにアイデアが浮かんだり、考えがまとまるのです。

つまり、タバコが思考パフォーマンスを向上したのではなくて、ニコチンの禁断症状で低下した脳のパフォーマンスが、タバコを吸うことで本来のレベルに戻っただけなのです。タバコタイム以外の時間は、本来の実力を発揮できていないのです。

タバコを吸わない人は、常に最高のパフォーマンスで生活・仕事をしています。この差は、一年、そして一生でどれくらいの差になるのでしょう?このメリットを知った私は目が覚めて、禁煙を決意しました

2.時間の節約になる

タバコを吸う時間を計ったことがありますか? 私の場合、一本あたり4分でした。一箱吸うと1時間20分、一ヶ月で40時間、一年間だと20日分となります。

喫煙者は、これだけの時間を毎日タバコを吸うことに費やしている上に、前述したように、正常な思考ポテンシャルを保てる時間が、一日で1時間20分、年間で20日分しかないことになります

タバコを吸うと吸わないとでは、天と地ぐらいの差がある気がするのは、私だけでしょうか?

3.スポーツ上達

心肺機能が改善して、息が切れなくなります。私も禁煙し始めたときはストレスがたまって、ジョギングなどの運動で発散させていました。

これが功を奏して、走る楽しさを発見してしまったのです。それから走り続けて、禁煙してから4年後に、フルマラソンをサブ4で完走することができました。さらに4年後には、サブ3.5(3時間半切り)を達成しました。

水泳も始めました。最初はほぼカナヅチ同然の泳ぎだったのですが、今はクロールで1kmくらいは泳げるようになりました。

ゴルフなどの、体力より集中力が必要な競技も、タバコを吸わないほうが、絶対にスコアが上がると思います。

禁煙すると、集中力とスタミナが向上するので、早く上達できるからです。スポーツには禁煙はメリットしかありません。

smoke gets in your eyes
smoke gets in your eyes / J.L. Trinh

4.食欲増進

タバコをやめると、お腹の空きが早くなってきて、ご飯を美味しく食べられます。お酒も美味しくなります。ぶっちゃけ、私は酒量が増えてしまいました。

タバコを吸っていたときと比べて、二日酔いが軽減されます。タバコを吸いながら飲むと、タバコを吸いすぎて、頭が痛くなることがなくなりました。

5.お金の節約になる

私が吸っていたKENTは、2010/11月現在410円です。一日一箱で、30日だと12,300円、一年間だと、15万円弱の値段になります。海外旅行に行けてしまう金額です。ノートパソコンも最上位機種が購入できます。

月に1万2千円もあれば、本もたくさん買えます。新書を混ぜれば、10冊くらいは買えそうです。前述のように、タバコに月40時間かけていたとすると、一冊あたり4時間かけて、ゆっくり10冊読めてしまいますね。

これを、一年間続けたら、かなりの差になりそうな気がしませんか?

6.余計な気を使わない

旅行先で見学していても、いつも灰皿の場所を探していました。次どこでタバコを吸うかに気を取られてしまって、集中できない自分がいたことを覚えています。

貴重な思考リソースの一部を、灰皿を探すことに奪われてしまっていたのです。

せっかく高いお金を払って旅行しているのに、もったいないですよね。

7.自信がつく

禁煙できたことは、自分への自信につながります。これは、最初からタバコを吸わなかった人にはわからない、中毒症状から脱出したという、喫煙者だけが得られる喜びと自信です。

タバコの常習性はいろいろ物の中で、一番強いといわれています。タバコをやめられたことから、人間は、意識さえ変えれば、何でも達成できる!克服できる!そんな根拠のない自信が生まれてくるのです。

禁煙することによって、この先の人生が、より充実したものになることは明らかです。メリットだらけです。

現在手持ちにあるたばこを吸い終わったら、ライターや灰皿を捨てて気分一新。禁煙を始めてみてはいかがでしょうか?

今日のわかった

実はもう一つ大きなメリットがあります。それは、「他人に迷惑をかけない」ということです。

喫煙する方が減っています。居酒屋でたばこを吸うだけで、隣のテーブルから白い目で見られます。女性の隣で吸うのは最悪です。

でも、煙草は美味しいですからねー。私も十年以上吸っていたのでわかります。

人生のイベントをきっかけを利用すると禁煙しやすいかもしれません。結婚とか。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です