2009年度ベランダ菜園始動

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

4年目のベランダ菜園が始動しました。

以前の記事はベランダ菜園 酒のつまみ自給計画で!

スポンサーリンク

3年間の反省

一年目は何も考えずに菜園を始めて、そこそこの結果がでました。

しかし、二年目はイマイチ。三年目にいたっては、無謀にも有機栽培にチャレンジして、みごと玉砕しまいsた。

ことしは原点に返って、一年目はなぜ上手くいったのかを考えてみました。

ベランダ菜園の土

植物にとってはかなり過酷な状況であるベランダでは、植物がなるべく快適に育つための工夫が必要です。

今年から化成肥料をあげることにしました。プランターという狭い空間で栄養分を確保するには、肥料は不可欠だとわかりました。

 

そして土は、一年目に利用した「粒状培養土」を購入。土が小さな塊になっていることで、水はけがよく、空気がよく通ります。根の張りもよいです。

powerd by 楽や

値段はちょっと高いですが、ベランダ菜園にもってこいの土だと思います。

青しそとサニーレタス

シーズンを通じて継続的に収穫できる「サニーレタス」と「青しそ」を植えました。

サニーレタスは青しそのポットに種を蒔きました。発芽してあるていど伸びたら、プランターに植え替えます。

あと2種類くらいを追加で植えようと思っています。やっぱりゴーヤかな?

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です