直島 恐るべき讃岐うどんツアー2006

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

恐るべき讃岐うどんツアー2006の番外編!

讃岐うどんツアーの次の日、直島に行ってきました。

直島は瀬戸内海に浮かぶ島で、昔から銅の精錬が行われている香川県の島です。
位置的にはかなり岡山県よりです。

高松からフェリーで一時間くらい(確か?)で到着しました。

この直島には、知人が住んでいます。
島を案内してもらいました。

実はこの直島、「家プロジェクト」という芸術関連の活動を大々的に行っていて、近年は観光客がものすごく増えているそうです。

街中も小綺麗です。

南寺です。
安藤忠雄さんという建築家が建てました。
中には、ジェームズ・タレルさんという有名なデザイナーさんの作品があります。

中に入ると、完全な暗闇になります。
しかし5分くらい待っていると、目の前に……!

地中博物館です。
モネの作品が飾られていました。

作品も素晴らしかったですが、博物館の建築もすごかったです。

護王神社です。
トンネルから見える海がきれい。

お昼は島内のうどん屋さんへ。
ここはやっぱり香川県。美味しかったです。

9月に行ったので、夏休み中の芸術系の学生さんが島内にたくさん居ました。
そんな学生さん達が立ち寄るというカフェが「まるや」さん。

店長さんは、直島の魅力に取り付かれ、移住してきた人だそうです。

一緒に周ってくれた知人は、仕事の関係で移住してきました。

どこへ行っても、運転中の交差点でも、知り合いと楽しそうに挨拶を交わしていました。

島暮らしは何かと不便らしいです。でも、なんかとても楽しく生活しているようでした。

「讃岐うどん⇒直島芸術鑑賞ツアー」が、最近流行っているそうです。
テレビで紹介されていました。

私もお奨めします。

直島観光協会HP

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です