真夏のマラソントレーニング

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_4020

11月のつくばマラソンは3時間15分を目標にしています。秋のレースに上手く入るために、夏にどんな練習をしたらよいでしょうか?

暑い時期は、スピードが上がりません。インターバルなどでスピードを上げようとしても、暑さで体がオーバーヒートしてしまい、思うようにスピードが上がらないのです。夏のスピード練習はキツイ割に効率が悪いです。

ということで、何をしたいかというとLSDです。朝夕や夜の涼しい時間帯に、スピードを上げず20-30kmをじっくり長距離を走る日を出来る限りつくりたいなと。

IMG_0268

トレイルランも週一くらいで入れていきたいです。山の中は日差しがなく、気温も低いので走りやすいです。登りで脚に負荷をかけつつ、心肺能力を追い込めます。

他の日は、去年と同じように、近所のプールまでラン-スイム -ランでつなぎます。

速い脚は3週間で作れますが、3日で衰えます。強い脚をつくるには3ヶ月かかりますが、半年は衰えません。

via: 違う自分になれ! ウルトラマラソンの方程式

岩本能史さんの書籍に書いてありました。スピード練習は気温が下がってから行っても十分間に合うのです。今年の夏はじっくり距離を伸ばすことに徹してみようと思っています。

今日のわかった

今年の梅雨は意外と涼しいです。梅雨明けして猛暑が来るまでは、インターバルをやっておきたいです。

つくばに向けてのステップレースとして、9/7の朝霧高原トレイル、10/26のしまだ大井川マラソンにエントリーしてあります。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です