静岡の超コスパ地酒を、馬刺しと共に

先日、静岡県内の有名な肉屋で馬刺しを購入。

静岡の地酒と頂きました。素晴らしかった。

こういう小さな幸せを、積み重ねていきたいです。

スポンサーリンク

超コスパ純米酒「若竹」をゲット

先日、映画を観にエスパルスドリームプラザへ。

一階の酒屋さん「酒蔵屋」は、静岡の地酒ラインナップが揃ってます。

正雪、臥龍梅といった、清水区のお酒はもちろんのこと、志太泉や開運といった、大井川水系のお酒も揃っています。

大井川水系のお酒は、フルーティーで飲みやすいです。

そこで見つけたのが、「若竹 純米酒」。島田市の大村屋酒造場のお酒です。「おんな泣かせ」が有名な、酒蔵です。

この若竹は、純米酒なのに、一升瓶で2,420円とお手頃な価格。テーブル日本酒としては、知る人ぞ知る超コスパが高いお酒なのです。

静岡市内では、あまり見かけないので、思わず飛びついてしまいました。

裾野で馬刺しをゲット

そして、休日は子供のサッカーの送迎で、裾野市へ。

本来なら、御殿場アウトレットにでも寄ってくるところですが、このご時世なので、試合後は帰宅することに。

グラウンドの近くに、山崎精肉店があったので、そちらで馬刺しを購入。特選馬肉で100g750円くらい。

こちらも安い!お店で食べたら、倍の値段はしそうです。

至福の晩酌タイム

その日の晩酌では、馬刺しを若竹を飲みながら頂きました。

こりゃたまらん。

コロナ禍で、なかなか思うように行動できませんが、せめて自宅ではお金をかけずに美味しいお酒を飲みたいです。

今日のわかった

季節も良くなって、色々美味しい食材が増えてくる時期です。旬の食材と静岡の地酒を合わせて、楽しく飲みたいです。

静岡グルメ
スポンサーリンク
管理人かん吉をフォローする
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました