電子書籍を10冊発刊する 2020年チャレンジ

2020年はオリンピックイヤーであり、私自身もアラフィフ真っ只中。

百年人生の折返しのこの年に、新たなチャレンジをしたいと考えています。

「ブログはチャレンジの記録でありたい」という記事をポストした手前、チャレンジしたいことを公表していこうかと。

1つ目は、電子書籍の通算10冊発刊です。

スポンサーリンク

これまで発刊した電子書籍

この目標は、以前から漠然と頭の中にありました。

2015年に「人気ブログの作り方」を発刊してから、これまで4冊の電子書籍を発刊してきました。


人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術

ブログ起業: 10年9割廃業時代を生き抜くブログ×ビジネス戦略

1日30分練習でマラソンサブ3.5を達成する方法: 忙しいサラリーマンでもできる!

市民ランナーグランドスラムへの道: サブ3・サブ10・富士登山競走完走

通算10冊が目標なので、あと6冊発刊する必要があります。

ネタを募集します

今のところ、3冊についてはプランがあります。これまでの4冊と合わせて7冊。

あと3冊については、いまのところノープランです。

今年、他のチャレンジをして、その成果を電書にまとめることができれば、1-2冊は書けるかもしれません。

もし、読者の方で「私にこんな本を書いて欲しい」という要望があれば、いただけると助かります。私自身に見えてないネタがあるかもしれないので。

なぜ電子書籍10冊?

電子書籍を10冊発刊すれば、それが一つの信頼、信用になると思います。

また、私は2回商業出版をしたことがありますが、一冊は電子書籍がきっかけでした。

自分の経験をベースにしたコンテンツを、電書という形でネット上に置いておくことで、ブログとは異なる何かが始まるかもしれません。

何もせずに待つよりも、何か行動して、色々なところに爪痕を残しておくことが、今の時代の処世術かなと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました