投資資産を大台に乗せる 2020年チャレンジ

ここ数年、我が家はNISA枠と確定拠出年金を利用した、投資信託の積立や個別株の購入をしてきました。

今年は、購入する投資資産を増やして、なんとか「大台」に乗せたいと考えています。

大台の額に乗り、巷でよく言われる「毎年平均5%のリターン」があれば、我が家の家計は安定します。

また、引き続き積立NISAなどの枠を利用して毎月少しずつ積み立ていけば、複利の力と合わせて、資産は無視できない金額で増えていきます。

しかし、新型コロナウィルスが先行き不透明です。今年はオリンピックやアメリカ大統領選挙があります。世界がどうなっていくかは誰にもわかりません。

それでも、毎月確実に積み立てていくしかありません。相場が下がっても、その分安く大量の資産を購入できるので、長期投資には有利なのです。

相場が大きく下げる場があれば、個別株も狙っていきたいです。高配当銘柄も狙っていきたい。

ピケティの資本論によれは、財産の成長率が賃金の成長率を上回っていることを示唆しています。つまり、キャッシュは貯金するのではなく、投資資産に変えていったほうが、より有利だということです。

人類は、新型ウイルスに打ち勝って、東京オリンピックは無事開催され、さらに成長していくと信じています。

▼▼▼▼

我が家はSBI証券を利用して投資しています。全世界の多くの商品を購入でき、手数料も安いです。まず間違いないです。

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました