Xrea⇒Coreserver引越し方法【追加】

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日Xrea⇒Coreserverの引越しを行いました。二回目です。Xreaが最近すごく重い気がします。

方法は前回の記事「Xrea⇒Coreserver引越し方法」を参考に実施。

今回新たに学んだ、いくつかのノウハウを紹介します。

スポンサーリンク

サーバー選び

各サーバーの負荷状況を見ながら、混んでいないサーバーを選択すると良いです。Xreaがオフィシャルにサーバー負荷状況を公開しています。

coreserve負荷状況
xrea負荷状況

(仮) coreserver / xrea 負荷観測所さんもお奨めです。全てのサーバーの状況を観察できるわけではありません。

負荷状況を観察して、少なくとも、負荷ゲージがオレンジ色になっていないサーバーを選んだほうが良いでしょう。

ファイルコピー

サーバー間のhtmlファイル移動は、サーバー間コピー機能が楽チン。Xrea&coreserverの管理画面の、管理メニューから利用できます。

コピー元のFTPのIDとパスワード、ディレクトリパスを入力すれば、自動的に全てコピーしてくれます。いちいちFFFTPでパソコンに落として…、の手間が要りません。

但し、public_html/log/ファイルは、ベーシック認証用の.htaccessファイルなどが生成されるため、public_html/以下のファイルを全てコピーしたい場合は、/logフォルダをにバックアップしておきましょう。

ちなみに、coreserverサーバーは新アカウント直後はリソース割り当てが少ないため、サーバー間コピーは24時間経たないと、利用できません。

Mysqlコピー

phpmyadminでデータをDumpする方法より、管理画面⇒データーベースの画面の「保存」「復元」機能を利用したほうが便利です。

phpmyadminだと、データー転送量が50MBが上限だからです。

「保存」ボタンを押すと、サーバーのrootディレクトリに「mysql.dump」という名前のファイルが出来上がります。これを新サーバーに移動して、同じく管理画面⇒データーベースの画面から、「復元」ボタンを押すと、データーベース内のデータをすべてコピーできます。

Value-domein設定

ドメインのDNS設定でちょっとつまづきました。

新しいサーバーのIPを設定しようとしても、「エラー2が発生し変更できませんでした。」というエラーが出てしまいます。

「MXE」に設定している部分を、「A」に設定しなおしてから、「MX」に設定すると、上手く行きます。

ご参考にどうぞ。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です