VISTAスピードアップ・メモリ不足防止

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

VISTAを利用してから約一年たった。
このOSは、本当にイマイチだ。

最近復活させた旧XPパソコンの方が快適に感じる。
パソコンを新調した意味が、全く無いような気がする。

長時間使用していると、新しいウィンドウが開けなくなることが一番ウザイ。

別のウィンドウを閉じないと、新しいウィンドウが開かない。
それも1:1ではなくて、2個くらい閉じないと、新しくウィンドウを開けないのだ。

よって、次第に開けるウィンドウが少なくなっていき、最後には一つもウィンドウを開けなくなる。

タスクマネージャーでIEを全停止しても、状況はあまり変わらない。どんどんメモリにゴミが溜まっていき、メモリ不足になっている感じだ。

ググってみると、いくつかおなじ症例をもつ方の記事が見つかった。

2GBのメモリを積んでいても、状況はあまり変わらないそうだ。ちなみにウチは1.5GB。

+++

……、と一年間悩まされてきたこの問題が、最近はぐっと減った。

VISTAの重い機能を幾つか停止したことが効いているのだろう。

どれが、どのくらいの効果があるのかはわからない。

参考に停止した機能を紹介しておく。

【常駐機能の無効化】
「スター卜」⇒「コントロールパネル」⇒「プログラム」⇒「Windowsの機能の有効化または無効化」にて、

Tablet PCオプションコンポーネント
Windowsミーティングスペース
RDC(Remote Differential Compression)

のチェックをはずした。これらは普通は利用しない。

【エアロの無効化】

エアロはウィンドウが半透明になって、見た目はかっこいい。
しかし、かなりメモリを食うようだ。

デスクトップ画面で右クリック⇒「個人設定」⇒「ウィンドウの色とデザイン」にて、配色を「Windows VISTA ベーシック」に設定すると、エアロ機能が禁止される。

+++

体感では、「常駐機能の無効化」のほうが効果が大きいように感じた。

本当は効果を分離してみたいところだ。
しかし、今の状態で快適に作業できているので、調査は「寝た子をおこさない」意味でやめておく。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です