ウルトラブックとは? レノボのモニター開始します

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_6102

レノボのウルトラブックが、我が家に届きました。実は、レノボ社のモニターに選ばれまして、これから約半年間、使用感などを定期的にレビューすることになりました。

今回モニターさせて頂くのは、IdeaPad Yoga 11Sというウルトラブックです。ウルトラブックに触るのは実は初めてなので、ワクワクしています。

スポンサーリンク

ウルトラブックとは?

インテルでは、Ultrabookを「現在のノートブックPCとタブレット機器の性能や機能を兼ね備え、薄型軽量で洗練されたデザインでありながら、極めて高い応答性とセキュリティー機能を実現」するノートパソコンであるとしている

via: Ultrabook

つまり、ウルトラブックとは「タブレットにパソコンのキーボードが付いたもの」という感じですね。

IdeaPad Yoga 11Sはタブレットとして使えるのはもちろん、PCとしても利用できます。PCとして利用している時も、画面にタッチやスワイプをすることで操作ができます。

DSC_5852

ウルトラブックの活用法

直感的に思いついた利用法は、

・商談先でのプレゼン
普通のパソコンだと、正面の相手に画面見せると、キーボードが向こう側に行ってしまうので、操作がしづらいです。でも、タブレットなら画面をタッチして操作ができるので、画面を指差しながら操作が可能です。

・台所でレシピを見る
作業中はマウスよりも、タッチで操作できたほうが使いやすいですよね。主婦向きかなと。

・電子書籍を読む
まあこれはもっと軽い専用のリーダーがあるので、ウルトラブックで読む必要はないんですけど。

▼▼▼▼

タブレットのように小回りが効く上で、キーボードがあるのでガッツリ作業も出来るという感じですね。これからのノートパソコンは、ウルトラブックのようなスタイルで良いと思いました。画面のタッチで操作できるのは、予想以上に便利です。

これから、いくつかのシチュエーションで利用したレポートをポストしていきたいと思います。

今日のわかった

難点なのは、グローバル企画のモニター案件なので、キーボードが英語版なのです。メインマシンとしてはちょっと使えません。あくまでモバイル用途ですね。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です