トレイルランニングを始めるための装備

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_4459

GWから本格的にトレイルランニングを始めました。最初は何を揃えれば良いのか分からず、仲間やスポーツ店の店員さんに聞いたりして、とりあえず近所の低い山を走れる装備を揃えました。

これからトレランを始めようという方に、参考になればと思います。

スポンサーリンク

シューズ

トレランは登山です。登山では靴は一番重要です。ジョギングシューズで山に入ってみたところ、岩や木の根の突き上げで痛いですし、滑りやすいです。専用のシューズを購入しましょう。

グリップ重視のシューズは当然重くなるため、スピード性とはトレードオフとなります。まずは、グリップ重視のシューズを選ぶと良いでしょう。

私は近所のショップの店員さんと相談して、モントレイルのマゾヒスト2を購入しました。

コンプレッションタイツ

トレイルランニングは山の中を走るため、登山よりも動きが激しくなります。とはいえ、動きやすいからといって、ジョギング用の短パン等では危険です。

そこでお勧めなのがコンプレッションタイツです。短パンの下にタイツを履きます。

山の中では、虫さされやかぶれ、ケガ防止のため、地肌は露出しないほうが安全です。コンプレッションタイツは、運動を妨げないように肌を守ってくれます。更に、筋肉を締め付け効果も気持ちよいです。ファッション的にも良いです。

私は、ナイキの通気性のあるタイツを購入しました。

DSC_1950

ザック

トレイルランニングは、最小限度の荷物で行います。2-3時間の行程であれば、水とちょっとした食料等を担げる10L以下の小型のザックが便利です。

特に、腰のベルトの部分にポケットが付いているタイプがお勧めです。走りながら持ち物の出し入れがしやすいです。補給用の飴やカメラ、iPhoneなどを入れられます。

私はノースフェイスの10Lのザックを利用しています。

ハイドレーション

水をザックに入れて、ホースで飲むことができるシステムです。見た目がカッコいいです。ただし、最近は、ボトルを胸などのベルトにくっつけるタイプが主流になってきているそうです。残量が分かりやすくて、レース等で水の補給がしやすいのだとか。

私は登山用に買ったものが手持ちにあったので、ハイドレーションを使っています。

936239_331977183594804_1335295052_n

アームカバー&手袋

腕もカバーできるコンプレッションスーツでも良いと思います。私は上半身が暑いのは嫌いなので、アームカバーだけ購入しました。腕も脚と同様に、木の枝や岩などと接触することがあるので、露出を押さえたいです。

岩や木の幹などを、手で掴むケースが多いです。手袋はしっかりしましょう。下りでは手で木の幹を掴んで上手くコーナーリングしたりします。ランニング用で良いと思います。

P1000692

こんな感じです。

どのスポーツでも見た目は重要。格好をキメると、モチベーションが上がってきます。

今日のわかった

ちなみに、シャツはマラソンレースの賞品で貰ったTシャツを着るようにしてます。どんどんたまっていってしまうので。

先日、東京マラソンのTシャツを着て登ったら、頂上で登山者に声をかけられました。目立つんでしょうねー^^

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です