ヒット曲を作る方法 音楽業界の黄金率とは?

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日デザインの講義を受けた時、「音楽にも黄金率と呼ばれるものがある」という話を聴きました。ヒット曲の法則のことです。

しかし、デザインの黄金率とは違い、繰り返して使えないとのこと。一度使ってしまうと、それを超える次の曲が作れず、スランプになりやすいとのこと。

音楽の「黄金率」とは、何のことでしょうか?

スポンサーリンク

カノンコード

パッヘルベルのカノンという曲をご存知でしょうか? 日本人に人気のあるクラシック曲です。カノンのコード進行は、カノンコードと呼ばれていて、カノンコードで作った楽曲は、聴きやすくて、人気が出やすいそうです。まさに音楽の黄金率です。

愛は勝つ、翼を下さい、TOMORROW、負けないで、明日への扉…。多くのヒット曲がカノンコードになっています。クリスマス・イブは、曲の中にカノンがそのまま入っています。

ちなみに、他にも、王道コード、小室コードというのもあるそうです。

代表的なコード進行【カノン進行、王道進行、小室進行】

桜ソング

河口恭吾さんが、先日のしくじり先生で「桜ソングを作って一発屋にならないための授業」をされていました。「桜」という曲で大ブレイクしたものの、次のヒット曲が生まれず、苦しんだということです。

日本人は桜ソングが大好きで、需要も多いため、よく売れます。桜ソングも、音楽の黄金率と呼べるでしょう。しかし、桜ブーストがかかっている分を見越しておかないと、とんでもないことになるのです。

適度に負けておく

なんでも売れ出すと、売れることだけを繰り返すようになります。ところが、消費されてしまうと、すぐに飽きられてしまいます。売れている時に、あえて他の方向にもチャレンジしておくことも大切です。適度に負けておくのです。次へのネタを仕込むと同時に、消費を遅らせる意味もあります。

とはいえ、テレビの仕事は、視聴率が勝負なので、一番売れているネタをやらされます。そんな中でも、自然な自分を出していく気持ちがあれば、黄金率を超えて、第二、第三の成果が生まれるはずです。

今日のわかった

ブログも同じですね。アクセスを集められる「黄金率」のような手法がいくつか存在します。

しかし、売れる手法やジャンルに固執してしまうと、次第に飽きられてきます。適度に負ける意識が大切です。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. トコマ より:

    こんにちは。

    ヒット曲の黄金率とブログの
    黄金率、なにか近いものが
    ありそうですね。
    適度に負けておくというのは
    なにかブログでも取り入れられ
    そうなので、こちらも頭に入れて
    おきます。ありがとうございます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です