大枠は「テンプレート」に投げて、重要なコンテンツに集中する。

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

テンプレート

動画編集したり、プレゼンのスライドを作る機会が続いて、気がついたことがあります。

最近のソフトはテンプレートが充実しています。大枠はテンプレにまかせて、コンテンツ作りに集中することができました。

仕事の多くは、テンプレを上手く利用することで、クオリティを上げることが可能です。

スポンサーリンク

見た目の問題は、テンプレートに任せる

今回初めてMacの動画編集ソフトiMovieとプレゼンソフトkeynoteを利用しました。どちらも感じのよいテンプレートが多数用意されています。

自由度が大きくない分、スッキリとした資料を作ることができました。自由度が大きすぎると、ごちゃごちゃ入れてしまって、わかりにくい資料になってしまいます。

テンプレートはプロが考えて作っています。プロが作ったテンプレートに従えば、良い資料ができるのです。

本当に重要なことに、パワーを集中する

テンプレートを活用することで、我々は何でも1から作る必要はありません。

色々な形の箱はすでに容易されていて、我々は箱に入れるものだけを考えればよいのです。「コンテンツ」だけを考えれば良いのです。

映画や小説も、いくつかの「物語の法則」に集約されるそうです。これもテンプレートの一種でしょう。自分が扱いたいテーマに合う物語テンプレを探して、コンテンツを当てはめていけば、それなりのものが出来上がるでしょう。

まずは「良いテンプレート探す」ことから始める

仕事を始める時、いきなり0から考えるのではなく、まずは仕事に合った「テンプレート」を探したほうが、結果的に良い仕事ができます

例えば、ウェブサイトを一から作るのは大変です。WordPressStingerテーマを組み合わせたり、Jimdoなどのサービスを利用すれば、誰でもクールなサイトを作ることができます。

プログラムはフレームワークを利用すれば、見通しがよくなります。

レポートは「結論」から始まるテンプレートを利用すれば、分かりやすいものになります。

細かいところは、適宜修正していけば良いのです。大枠の部分はテンプレートに投げてしまうことで、短時間でクオリティの高い仕事ができるのです。まずは、テンプレートを探しましょう。

良い仕事はテンプレート化しておく

仕事が上手く行ったら、その方法をテンプレート化しておきましょう。順番を箇条書きだけでも構いません。

結局、仕事というのは「使えるテンプレートを手元にいくつ持っているか」で、効率が大きく変わってしまいます。

いちいち最初から考えていたら、進むものも進みません。過去に考え尽くした部分は再利用して、その上に新たな価値を付け加える仕事の仕方をしましょう。

今日のわかった

良い仕事のやり方というのは、古今東西でそう変わらないはずです。

多くの人が利用しているテンプレートを探して活用すれば、大間違いはしないでしょう。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です