良い仕事はキャッチコピーが命

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

1行バカ売れ

仕事のできる人は、良いアイデアだけでなく、それをわかりやすく人に伝えることができます。

1行バカ売れ

商品や企画の魅力を、言葉に変えられる力があれば、仕事はもっとうまく回るでしょう。

スポンサーリンク

タイトルが悪いと、読んでくれない

企画書やプレゼンの題名、書籍の名前、ブログ記事のタイトルなど。人々は読むかどうかを、「タイトル」で決めています。

いくら内容が良くても、タイトルが悪いと、読んでくれません。良いタイトルができると、自然と内容も良くなります。

タイトルとは、コンセプトを凝縮したものなのです。コンセプトがあやふやな企画は、良いタイトルは生まれませんし、良い仕事になりません。

「自分に関係ある」と思ってもらう

読んでもらうには、その企画が「自分と関係がある」と思ってもらうことが必要です。

以前、当ブログでも「商品名が記事タイトルに入ると、スルーされやすい」と述べたことがあります。商品名を知らない人は「自分には関係がない」と思ってしまうのです。

キャッチコピーは、商品名ではなく、商品を買った後に待っている快適な生活をイメージできるものをつけて、自分に関係ありそうと思ってもらうことが大切です。

新しい企画やビジネスはキャッチコピーから

仕事を進める中で、内容は変化していきます。その都度、アイデアとキャッチコピーを、行ったり来たりして、ブラッシュアップしていきます。

複雑でわかりにくいものは、人に伝わりにくいです。無駄なものはそぎ落として、本当に伝えたいものを磨いていきましょう。

真似るから学ぶ

良いキャッチコピーを本歌取りするだけでも、わかりやすいものになりやすいです。

例えば、本記事のタイトル「良い仕事はキャッチコピーが命」は、本書で紹介されているアパガードの「芸能人は歯が命」を真似てます。

自分にも関係あると感じて欲しかったので、「良い仕事」という言葉を入れました。誰もがみんな仕事はうまくこなしたいと思っているはずなので。

本書には、多くのキャッチコピーが紹介されています。手元に1冊置いて、キャッチコピーを考える前にざっと読み流すだけでも、インスピレーションが生まれます。

今日のわかった

ブログのタイトルを考えるときも、本書は役立ちます。この記事のタイトルも、本書を参考に決めました。

この本は、自炊せずに、手元においておこうと考えています。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です