しくじり先生から学ぶ、自己紹介プレゼンテーションの極意

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

テレビ番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」が面白いです。ゲストの講師が、自分の過去の失敗を題材にして、人生をよりよくする方法を講義するという内容です。

『しくじり先生』制作陣が語る「過去のしくじりを“愛される話”にする方法」

私も、堀江貴文さん、ヒロミさん、G.G.佐藤さんなどの講義を見ました。どん底を味わった人の話だからこそ、惹きこまれます。そして、人間的な魅力を感じます。なぜでしょうか?

スポンサーリンク

自慢話は聞きたくない

ひたすら自分の話をする人っていますよね。面白い話なら良いのですが、自分の自慢話ばかりだと、さすがに頷くのも億劫になってきます。

自分の自慢話ならまだマシです。ひとしきり話が終わったら、今度は「友達の●●は、△△△で成功してさあ……」と、知り合いの自慢話が続きます。「こんなすごい友達を持っている俺ってすごいだろ!」というオーラがすごいです。

自慢話ほど、人を惹きつけない話はありません。

V字回復と感謝が共感を生む

自慢話をしたいのはよくわかります。少し工夫をしましょう。成功した裏側には、失敗やトラブルが色々あったはずです。それも一緒に伝えましょう。「こんなひどいこともあったけど、なんとか頑張ったよ」というどん底からのV字回復は、ストーリーの王道です。

周りからの協力もあったはずです。手助けに感謝して「●●さんの助けがなかったらできなかった」と、他の人をヒーローにするのです。「自分の力で成功した」と言ってしまうと、相手の心に響きません。

同じ内容でも、話の組み立て方によって、共感されたり、共感されなかったりするのです

不幸は人間力を深くする

しくじり先生では、過去の大失敗を正直に話します。そして、自分なりに学んだことを紹介して、現在の自分を表現します。失敗を他人のせいにはせず、周りへ感謝を語る。共感を得られるプレゼンテーションの王道です。

失敗やトラブルは、できれば経験したくないです。失敗した後は落ち込み、逃げ出したい気持ちになります。しかし、時間が過ぎれば、次第に気分は落ち着き、失敗を教訓に次の目標へ歩き出すことができます。

長い年月が経ったあと「あの失敗があったから、今の自分がいる」と振り返られるようになります。

しくじり先生では「最後は必ず笑いに変える」ということです。講師の皆さんは、みんな良い表情をされています。

過去の不幸は、笑い話武勇伝になる。面白い話の引き出しが増える。不幸は避けたいですが、不幸の数だけ、人間として厚みが出てくるのです。

今日のわかった

プロフィールの文章を書く際、しくじり先生のメソッドは有効です。V字回復と感謝を意識してみましょう。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です