子供の習い事の見学は、子供の姿をしっかり見る

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

子供に習い事をさせているご家庭は、目的を、いま一度確認してみてください。

スポーツなら、体を動かすことが目的でしょうか? それもあるとは思いますが、本当の目的は「上達」して欲しいのではないでしょうか?

上手くなって欲しいのであれば、ただスクールに任せているだけではなく、親がしっかりサポートしてあげることが大切です。

スポンサーリンク

スクールに任せるだけでは、子供は上達しない

子供をスクールや塾に通わせておけば、先生が手厚く教えてくれて、子供は上達していくと思うかもしれません。

しかし、実際には、一人の先生が多くの子供を教えるケースがほとんどです。当然、一人ひとりを細かく指導することはできません。

個人レッスンが理想ですが、費用が跳ね上がるため、一般家庭には難しいのが現実です。

コーチは絶対ではない

何ごとにも基本はあります。基本を学ぶことは大切です。

そして、一人ひとり骨格が違い、考え方が異なるので、カスタマイズが必要です。

先生は、自分が上達した時の経験を元に指導するため、自分の成功体験に生徒を引き込みがちです。子供に合えば良いですが、合わない場合は効率が悪いです。

コーチの指導方法が絶対ではないことは、念頭においておきましょう。

親が子供をしっかり見る

子供が効率よく上達するためには、まず親が子供のことをしっかり見ることです。

自分の子供だけを見続けられるのは、親しかいません。親が最強のコーチです。

ずっと見ていれば、素人なりに弱点や改善点が見えてくるはずです。それを子供に伝えてあげましょう。先生に相談してから伝えると、さらに良いでしょう。

できるかぎり、習い事の見学に行く。見学中は、ずっとスマホをいじっていたり、他の親とおしゃべりをしていることだけは、やめましょう。

自主練習が一番伸びる

勉強は学校で習うだけでなく、自宅で復習すると学力が伸びます。

習いごとも、勉強と同じように、復習をすると伸びます。自主練習の様子を、できる限り親が見てあげましょう。

とはいえ、スクールの様にガチガチの練習である必要はありません。遊びの要素を入れながら、ゆるくやればよいでしょう。遊びの中で学ぶのが、一番上達します。

回数を増やす

当たり前の話ですが、習い事は週1回よりも、週3回の方が上達が速いです。上達を望むのであれば、週2回以上同じ習い事をさせるべきです。月謝は高くなりますが、上達が速いので、実質的には安くなることが多いです。

特に子供の10歳前後は、ゴールデンエイジと呼ばれていて、吸収が速いです。中学生になれば、後は自分で工夫してやっていけるでしょう。それまでの間は、親との二人三脚で、使えるリソースを惜しみなく注ぎこむことが大切です。

今日のわかった

習い事は、親も努力しないと、貴重な時間とお金をドブに捨てるようなことになってしまいます。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です