「走ることで整理できること」ってある気がする

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

6814647431_c078737bae_o

フルマラソン42.195kmは、ある程度練習しないと走りきれない距離です。先日の東京マラソンには3万人以上の方が参加しました。20万人以上の応募があったらしいです。「35kmの壁」と呼ばれるスタミナ切れは本当に辛いです。それでも人はフルマラソンにチャレンジします。

何が人々をマラソンに駆り立てるのか?

走ることで、気持ちが前向きになって、人生がツイてきます。マラソンという苦行の乗り越えた達成感は、間違いなく将来への自信へつながります。

スポンサーリンク

禅の境地

散歩をすると、頭の中が整理されたり、アイデアが浮かぶ経験をしたことがある人は多いはずです。適度に体を動かすと、血流が良くなって脳に刺激が行くためでしょう。

さらに、スピードを上げて走ると、余裕がなくなって、難しいことを考えられなくなります。「あの信号まで頑張ればあと10km」「明日からアレを頑張ろう」のような、単純な思考しかできなくなります。次第に何も考えず無意識に走り続けて、ふと気がつくと10km進んでようなこともあります。

走ることで思考がシンプルになります。走ることには、禅のような効果があると思っています。

未来への希望

悩んでいたり、悲しい気持ちを持っていても、マラソンを走りきることで、自信が生まれます。マイナスをプラスに持っていくための決め手は、実はたった一つの「決意」だったりしませんか?

苦行を乗り越えることで、元々あった問題のレベルを相対的に下げられます。走って、頭の中の物事を一旦フラット化することで整理できるのです。

「もう無理かもしれない」。諦めかけたとき、両親の顔が浮かんだ。「これからは1人でやって行くんだぞ」と、最後に与えられた試練のような気がした 

via: 佐藤洋介さん完走プロポーズ 津波で亡くした家族への思い胸に

すごく共感しました。

マラソンを完走したあとは、景色が違って見えます。マラソンに出場する人々は、未来への希望を、自分の脚にかけているのです。新しい生活が待っているに違いないと。

今日のわかった

今年の3/11は、走ろうと思っています。震災から受けたものを、整理できればいいなと思ってます。

その前に3/4は駿府マラソンレースです。距離はハーフ。思い切り飛ばしてきます!

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です