年賀状を印刷したら、全部上下逆だった時など…。年賀状に関する豆知識

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_0415

多くの方がすでに年賀状を出されていて、いまさら感もありますが…。

いま覚えておくと来年必ず役に立つ、年賀状に関する豆知識をご紹介します。

スポンサーリンク

年賀状を失敗したとき

印刷をしたら、全部上下が逆だったりしたことはありませんか?書き損じの年賀状は、郵便局で5円/枚で新品の年賀状に交換してくれます。100枚失敗しても、5×100=500円で交換できます。新しく購入する必要はありません。

お年玉くじ当選発表後でも、官製はがきや切手と交換してくれます。

年賀状の間違い

・新年明けましておめでとうございます

「新年」には「新しい年が明ける」という意味があるので、「明けまして」と意味がかぶってしまいます。「明けましておめでとうございます」と書きましょう。

・1月1日 元旦

こちらも意味がかぶっています。「元旦」だけ書けばOKです。元旦とは、1月1日の朝という意味で、旦という字は水平線から太陽が昇る様子を表しているそうです。

・謹賀新年 明けましておめでとうございます

「謹賀新年」「賀正」といった賀詞に、「明けましておめでとう」という賀詞を書いてしまうと、賀詞が重複してしまいます。

・A Happy New Year!

正確には「Happy New Year!」です。文中ではなく、単独で使う場合は、冠詞は不要です。

DSC_0412

去年はお世話になりました

枯れる、衰える、破れる、失う、倒れる、滅びるの言葉は、「忌み言葉」と呼ばれ、年賀状ではタブーです。「去年」という言葉は、「昨年」「旧年」に置き換えましょう

年賀状は再利用できる?

年賀状には消印が押されませんので、書き損じの年賀状として、郵便局で交換できてしまうのでしょうか?

実は、投函済みの年賀状には、紫外線に反応する特殊なインクでバーコードが印刷されています。投函済みかを見分けることが可能です。

年賀状を海外へ送る

通常のエアメール(70円)で送れます。年賀状は50円なので、20円分の切手を貼ればOKです。また、郵便局の窓口にて20円を払って送ることもできます。

今日のわかった

実は我が家、プリンターのインクを差し間違えて、真っ青な印刷になってしまいまして。ためし刷りをしたときは、前の黒インクが残っていて、ちゃんと印刷できて、途中からインクが切り替わってorz そもそもインクを入れ間違えるなーってとこですけど。結局、100枚ほど新品の年賀状に交換してもらいました…(^^;) 郵便局員さん、お忙しい中、ありがとうございます。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です