読む人を感動させる「プロフィール」の作り方

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

WSP002
WSP002 / Spirit-Fire

先日、当ブログのプロフィールページをリニューアルしました。恥ずかしい反面、たくさんの方から「面白い!」「自分のプロフィールも見直したい」という声を頂きました。ありがとうございます。

しっかり書いたプロフィールを読んでもらうことで、自分をより良く知ってもらえます。信用もさらに深まるでしょう。


Enjoyment / lmnop88a

スポンサーリンク

感動するプロフィールの鉄板フォーマット

ズバリ「過去⇒現在⇒未来」の順番で書くことです。

なんだ、当たり前じゃないかと言われるかもしれません。確かにこれだけだと平凡になる可能性があります。そこで一つだけ意識してほしい点があります。それは、

「現在の自分」に結びつくエピソードを選ぶ

ということです。

人生とは過去の積み重ねです。過去の経験があるから、今の自分が居ます。過去の経験以上の自分は存在しえません。過去の経験と、現在の自分の関係性が、感動的なストーリーを生むのです。

写真はできるだけたくさん入れましょう。特に、赤ちゃんの写真を入れると、温かみが増します。ご両親が撮った写真は、愛情がこもっているからです。


enjoyment / the half-blood prince

自分のミッション(使命)を見つける

今の自分のあり方に大きく結びつくエピソードを探していると、人生のターニングポイントが見つかります。成功、失敗、家族・友人との別れ、病気、仲間・師匠との出会いなど。その周辺には今の自分を支える価値観や教訓があります。「自分のミッション(使命)」を探す大きなヒントになります。

プロフィールには、必ず自分のミッションと、ミッションを元にした将来の展望を紹介します。ミッションに基づいた将来の展望は、ただ思いつきのものとは違い、説得力があります。ブレない自分をつくることができます。


Cowgirl Sisters / Pink Sherbet Photography

プロフィールは信用

例えば、ネットショップ運営で成功した人がいて、好意でノウハウをシェアしようとメルマガやホームページで色々書いても、「たまたま上手く行っただけでしょ」といった、心無いコメントが来る時があります。表面的な話だけだと、成功するまでの苦労は、なかなか伝わりにくいのです。

ちょっとした閃きから生まれたビジネスでも、それまでの経験の蓄積があったからこそです。人生の道のりを、詳しく紹介することで、「だからいま、この人は成功しているのか」と、納得してくれます。プロフィールで「生き様」を伝えることが、読者に信用を与えます。


A couple enjoying sunset at Golden Gardens beach, warm night, cool blue light, gloomy weather and rain being appreciated! Seattle, Washington, USA / Wonderlane

誰でも面白いプロフィールが書ける

「自分は平凡な人間だし、面白いプロフィールは書けない!」と、誰もが思うかも知れません。大丈夫です。心配ありません。何十年も生きていれば、人は一つや二つ、面白いエピソードを必ず持っています。同じ人生はこの世に一つとして存在しませんので、必ず面白いプロフィールになります。間違いありません。

これまでの自分を見つめなおして、将来を考える意味でも、「感動的なプロフィール」を作って、ブログやSNSなどで周囲に公開してみてください。

目に見える風景が変わってきますよ。

今日のわかった

人生とは、プロフィールを少しずつ付け足し、書き換えていくことなのかもしれません。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です