スピーチであがらない方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Clegg Speech 12
Clegg Speech 12 / Liberal Democrats

私は昔から、人前で話すとあがってしまい、心臓がバクバクしてしまいます。

最近、人前で話す機会が増えてきました。そのたびに緊張してあがっていたのでは、身が持ちません。そこで、「あがらない方法」を考えて整理してみました。

スポンサーリンク

あがるときのパターン

過去を振り返ってみると、いつもあがっているわけではありませんでした。

あがらなかったとき あがってしまったとき
  • 会社内のプレゼン
  • セミナー講師
  • パネラー
  • 結婚式の挨拶
  • 勉強会、懇親会での自己紹介
  • 急に振られた挨拶

眺めてみると、私の場合、

  • 短い時間に話す時
  • アドリブがメインで話す時
  • 自分を知ってもらいたい時

にあがりやすいようです。


Speech / lunchtimemama

声に出して練習する

長い時間話す場合は、事前に依頼されていることがほとんどなので、事前に練習していました。原稿をただ目で追うだけではなくて、実際に声に出して読むことで、言い回しや論理的におかしいところがわかって、話しやすくなります。

練習したという事実が、本番の安心感に繋がります。多少あがっても、話す時間が長ければ、最初はあがってしまっても、次第に慣れてきて、あがりが収まってきます。

不安が不安を呼ぶ

事前練習をしていないと、その場で話す内容を考えるところから始めないといけません。上手く話せるかどうか不安を抱きながら、本番を迎えます。

最初に、ちょっとでも声がうわづったり、手が震えたり、心臓がバクバクして、「自分はあがっている」という意識を持ってしまうと、さらにあがりを増長させてしまうのです。短いスピーチだと、あがりが収まるまでにスピーチが終わってしまい、後味が悪い結果となってしまいます。


失敗品? / Yawen.L

自分を知ってもらいたいときに失敗する

私は自己紹介や、気の効いたことを話そうとするときに緊張します。つまり、「自分を知ってもらいたい」ときに、緊張が大きくなります。

自分を良く見てもらいたい、変な人と思われたらどうしよう、という「心配」が、あがりを強めているようです。自分の仕事の内容や意義が、整理できていないことも問題です。

話すパターンを作っておく

どんなスピーチでも、大抵の場合、自己紹介が最初に入ります。自己紹介の部分だけでも、事前に徹底的に練習しておけば、最初のツカミの部分をスムーズに入れることで、あがらずにすむでしょう。

自己紹介の基本形を用意しておいて、持ち時間とのバランスを考えて内容を削れば、どんなスピーチでも対応できます。自分の魅力を端的に伝えられる自己紹介の内容を、日頃から徹底的に考えておこうと思いました。


Drawing Hands / garryknight

自分が得意な分野に引き込む

自分がまったく知らない分野のコメントを求められた時に、知ったかぶりして適当にコメントすると、話のつじつまが合わなくなってきて、あがってしまいます。余計なことは言わず、自分の知っている分野を補助線に話すと良いでしょう。

例えば、私は美術センスがまったく無いので、美術品に関してのコメントはできません。

しかし、私が最近興味を持っているソーシャルメディア上でのキュレーターとは、美術館のキュレーター(学芸員)から来ていることを絡めて、「これからも本物を観ることで、本質を見極める眼力を養いたい」のような、コメントをすることは可能です。

まとめ

  • 事前に練習する
  • 自己紹介を徹底的に練習する
  • 自分の得意分野に引き込む

が、あがらないための技術的な必勝法だと、私は結論付けました。これらを元に、準備を進めていこうと考えています。同じような悩みを持っている方に参考になれば、幸いです。

++++

今回、参考にした本は下記の二冊。

成功体験は必要ない/必要
あがりは病気/病気でない

と、まったく正反対の主張をしている2冊です。色々な考え方を知った上で、自分で納得できる方法を考えて実践するのが一番良いでしょう。

今日のわかった

実は明日、地元の経営者さん達の前で、プレゼンをすることになっています。地元のテレビ局も入るという話も……。けど、事前に練習できる場合は、安心です。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です