アイデア生産ツールとしての手帳

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Web2.0的ラボで紹介してきた手帳術。
これからは、当ブログで紹介していきたい。

現在、私が利用している手帳は、「罫線の無い、無地の大学ノート」だ。
コクヨの、キャンパスノート(特殊罫)セミB5[ノ-13W]を愛用している。

手帳は、「アイデア生産のためのツール」だと思っている。
文書だけでなく、図表を使うと発想が生まれやすい。

ノートに罫線があると、箇条書きが多くなってしまって、発想が硬直する気がする。

この大学ノートに、透明のブックカバーをつけている。ポケットに別途プリントアウトしたカレンダーや、書類などを挟んでおく。

それともう一つ、「メモツール」だ。

ふと新しいアイデアを思いついて、あとでメモしようと思っていたら、アイデアそのものを忘れてしまったことは、誰にでもあると思う。

あれは何だっけ?と、思い出すことに時間をかけるのは、ものすごく無駄だ。
そこで、アイデアが生まれやすい寝室や自家用車、トイレには、メモ用紙とペンを置いておくことにした。

出先での急なひらめきに関しては、財布の中にペンと紙を入れておくことで対応した。
ゼブラのシャープペン「ZEBRA 手帳用 TS-3」は、男性用の財布に十分入る。

ひらめきを確実にメモできる環境は、すごく安心感がある。ぜひ、みなさんにもお奨めしたい。

powerd by 楽や
関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です