富士山日帰り登山 須走り下山

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

富士山の山頂からの景色を堪能した後、須走口の下山道を目指します。
お鉢をまわって、元に戻ります。

ちょっと頭が痛くなってきた。
高山病だ!

高山病に効くサプリを持ってきていたので、摂取してみる。
酸素を効率よく吸収するための成分が含まれているとか。ちょっと楽になりました。

お鉢めぐりをスタートしたところまで戻って、ランチに。

コンビニで買ったおにぎりと、お湯を沸かしてコーンスープを作った。
そして、おじさんから貰ったみかんも。山で食べると何でも美味しい!

12:50頃から下山開始。

下山道は、いわゆる「須走り」というルート。
砂が敷き詰まっていて、足が砂にもぐる感じでした。

足に負担がかかりにくく、早く下山できるとのこと。

しかし、砂がかなり舞い上がるため、砂が眼や鼻に入ってきます。
私はコンタクトレンズなので、死活問題です。

そこで、スキー用のゴーグルとマスクで完全防備。埃はまったく苦になりませんでした。

須走りを下山する様子は動画で。

しかし、ここで問題が。
私は半ズボンだったので、登山靴と靴下の間に、石がどんどん入ってきてしまうのです。かなり痛い!

そこで、靴下を裏返して、登山靴と靴下の隙間をふさいで見ました。
これが効果テキメン!小さな砂は入ってきますけど、歩行に支障をきたす大きさの石は入ってきません。Good job!

須走りのおかげで、速く下山できました。
しかし、これまでかなりの時間を行動しています。足はかなり疲労していました。
途中ひざが笑ってしまいました。

雲の上を歩いているような感覚でした。

16:00ごろに、須走口に到着。
かなり疲労しました。

お疲れです♪

登りでエネルギーを使ってしまうと、下山がきつくなります。
なるべく足を残すように、余裕のある計画を立てたほうがよさそうです。

+++

ちなみにこの日の晩は、御殿場の「時之栖」にて宿泊。

お目当てはもちろん、「御殿場高原ビール!」

レストラン「麦畑」は、ビール飲み放題、食べ放題で無制限3000円でした。かなりお得!

浴びるように飲みました。

宿泊は、スローハウスヴィラ。一泊朝食付きで一人7000円くらいで、リーズナブル。専用の温泉もついています。ゆっくり疲れを癒しました。

次の日は御殿場アウトレットでお買い物。
ゆっくりすごして、帰路に着きました。

+++

富士山の八合目の山小屋に泊まって登山するより、日帰りで登って、アフターをゆっくりするほうが、良い休日になるな?と思いました。

みなさんも日帰りでどうですか?

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です