ジョギングが仕事の効率アップにつながる理由

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

このところ右膝が痛んでいて、スピード上げて走ることができないでいます。この春予定していたレースはすべて取りやめました。

その代わり、5km30分くらいで、ゆっくりジョギングするようにしています。すると、日々の仕事が以前に比べてはかどるようになってきました。

理由はというと・・・。


Early Morning Jog / Serge Arsenie

スポンサーリンク

貴重な時間

これまでは、レースで速いタイムを出すために、タイムを計って、かなり真剣に走っていました。

とはいっても、30分-1時間をただ走っていると、暇になるため、音楽や英会話を聞きながら走っていました。それはそれで楽しかったです。

ところが、スピードを落としてゆっくり走ると、別のことができるようになるのです。それは、

「色々思考できる」

ということです。スピードを上げて走っていると、色々考えていても断片的になってしまうのに対して、ゆっくり走ると、そこそこ考えることができるのです。

最近は、ジョギング時間を利用して、仕事の進め方や、アイデア、プライベートのことなどを色々考えるようにしています。

30分間も思考に使えるなんて、普通ではなかなか無いことです。しかも、運動しているせいか、頭への血流が増えて、頭が冴えているような気もします。

ジョギング中に思考がどんどん進むため、仕事が効率良く進むのです。

バランスよく走る

まあ、本当にしっかり考えたければ、ゆっくりウォーキングした方が良いかもしれませんが、ウォーキングだと運動強度が弱いため、私的には収まりがつかないのです。

ゆっくりジョギングするぐらいが、頭も体もほぐれて一番バランスが良いかなと思います。

今後、足が完治しても、スピードを上げる日とゆっくりジョギングする日を織り交ぜながら、走っていきたいです。

今日のわかった

最近は息子も暴れまくっていますしw 自分の時間が減ってきている感があります。走っている時間といえど、貴重な時間です。なるべく効率的に使いたいです。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です